『アンフェア』(1話~最終回)の無料動画を視聴できる方法!NETFLIXやpandoraでも配信している?

篠原涼子さん主演ドラマ『アンフェア』の動画無料配信しているサイトについてまとめています。

『アンフェア』(1話~最終回)はU-NEXTで配信されています。

 

31日間無料トライアル中!

今日登録すると
10月23日まで無料視聴可能

『アンフェア』(1話~最終回)の動画が配信されている公式動画サイトは?

配信状況配信サイト無料トライアル期間
 width=
U-NEXT
31日間
 width=
Hulu
2週間
 width=
FOD
2週間
 width=
Paravi
2週間
 width=
NETFLIX
無し
 width=
Amazonプライム
30日間
《有料》 width=
楽天TV
31日間
× width=
dTV
31日間
×
TSUTAYA TV
30日間
× width=
WATCHA
31日間
× width=
DAZN
1ヶ月
× width=
DISNEY+
31日間

 

『アンフェア』(1話~最終回)1話から最終話までの動画は様々な動画配信サイトで視聴することができます。

その中でも、無料トライアル期間が長く、動画配信サイトNo.1の配信数の、U-NEXTがおすすめです。

 

 
dailymotionpandoraなど様々な無料動画共有サイトがありますが、公式配信ではない動画は、無断アップロードされた違法動画です。

この違法動画はダウンロードすることも、著作権法違反となります。

動画を視聴するだけなら。。というのも現在では”限りなく黒に近いグレー”ですが、今後違法になる可能性があります。

また、ウイルス感染の危険があります。 動画共有サイトで視聴される場合は、自己責任でご視聴ください。

 

31日間無料トライアル中!

今日登録すると
10月23日まで無料視聴可能

 

『アンフェア』(1話~最終回)の動画をU-NEXTで視聴する方法

『アンフェア』(1話~最終回)の動画が配信されているU-NEXTの登録は簡単です。

31日間無料トライアル中なので、今日登録すると、10月23日まで動画を無料で楽しむことができます。

また、『アンフェア』(1話~最終回)動画だけでなく、様々な動画が無料視聴できます。

ダウンロード機能もありますので、場所を問わず動画が視聴できます。

配信サイトNo.1の圧倒的な配信数!

ポイント付与も魅力!

 

無料トライアル期間31日間
月額料金(税込)¥2,189
ポイント付与毎月1,200pt
コンテンツ数14,000以上
課金制度
ダウンロード視聴△(一部対象外)
対応デバイスPC
スマホ・タブレット
テレビ
PS4・PS5
ブルーレイレコーダー
プロジェクター
セットトップボックス
ドングル端末
登録可能アカウント数4アカウント
同時視聴4台(同作品不可・一部対象外有)

 

登録方法と解約方法

登録方法
  1. U-NEXTの公式ページにアクセスします。
  2. 『まずは31日間 無料トライアル』をタップします。
  3. 各情報を入力します。
  4. 決済方法を選択し、『送信』をタップます。
    ※無料トライアル期間中に解約すれば、月額料金は発生しません。

これで登録は完了です。

解約方法
Amazon Fire TV / Fire TV Stick
  1. AmazonのWebサイトで操作をします。
  2. Amazonアカウントにログインし、『アカウント&リスト』の『アカウントサービス』を選択します。
  3. 『アプリライブラリと端末の管理』を選択します。
  4. 『管理』の『定期購読』を選択します。
  5. 定期購読している一覧が表示されますので、U-NEXTの『アクション』の中の『自動更新をオフにする』を選択します。

これで解約完了です。

AppleID
  1. AppleIDで操作をします。
  2. アプリの『マイページ』をタップします。
  3. 『設定・サポート』セクションの『サポート』をタップします。
  4. 『契約内容の確認・変更 』をタップします。
  5. 『定額制サービスを停止』をタップします。
  6. AppuleIDのアカウント管理画面に移行しますので、『U-NEXT』をタップします。
  7. 『サブスクリプションをキャンセルする』をタップします。
  8. 『確認』をタップします。

 

※『サブスクリプションの編集』画面で、『サブスクリプションをキャンセルする』が表示されている場合は解約が出来ていません。
再度解約手続きを行ってください。

これで解約完了です。

webサイト・対応テレビ・電話勧誘・ショップやブースでの対面申込
  1. U-NEXTの公式ページにアクセスします。
  2. 画面左上の『≡』をタップし、続けて『アカウント設定』をタップします。
  3. 解約したいプランの『解約はこちら』をタップします。
  4. 残りの日数などが表示されますので、確認後『次へ』をタップします。
  5. アンケートが表示されますので、任意で回答してください。
  6. 画面下の方に『解約時の注意事項』が記載されていますので、確認後『同意する』にチェックをいれて『解約する』をタップします。

これで解約完了です。

『アンフェア』の情報

  • 放送回…全 11 話
  • 放送局… フジテレビ
  • 放送期間… 2006年1月10日~3月21日
  • 脚本… 佐藤嗣麻子
  • 原作… 秦建日子 小説『推理小説』

『アンフェア』の視聴率

  • 1話  …  15.70%
  • 2話  …  14.70%
  • 3話  …  15.10%
  • 4話  …  16.00%
  • 5話  …  15.50%
  • 6話  …  14.90%
  • 7話  …  14.00%
  • 8話  …  16.10%
  • 9話  …  16.50%
  • 10話  …  15.00%
  • 11話  …  15.80%

主題歌 伊藤由奈「Faith」

『アンフェア』のキャスト

 

  • 雪平 夏見 役… 篠原涼子
  • 安藤 一之 役… 瑛太
  • 三上 薫 役… 加藤雅也
  • 小久保 祐二 役… 阿部サダヲ
  • 蓮見 杏奈 役… 濱田マリ
  • 安本 正広 役… 志賀廣太郎
  • 山路 哲夫 役… 寺島進
  • 佐藤 和夫 役… 香川照之
  • 佐藤 美央 役… 向井地美音
  • 瀬崎 一郎 役… 西島秀俊
  • 久留米 隆一郎 役… 井上順
  • 松本 理恵子 役… 小林麻央
  • 平井 唯人 役… 眞島秀和
  • 森川 静雄 役… 大高洋夫
  • 橋野 美樹 役… 有坂来瞳
  • 野口 耕二 役… 入江雅人
  • 小沢 茉莉 役… 松永京子
  • 今井 英明 役… 榊英雄
  • 武田 寿男 役… 大河内浩
  • 牧村 紀世子 役… 木村多江
  • 広田 祐次 役… 伊藤洋三郎
  • 斉藤 ユタカ 役… 三浦春馬

 

『アンフェア』のあらすじ

 全体 のあらすじ

警視庁の刑事・雪平夏見(篠原涼子さん)は、検挙率No.1の敏腕刑事です。

父親が何者かに殺され、その犯人を突き止めるため警察官になりました。

捜査時には、まず殺人現場で遺体が発見された時と同じ格好になりながら、『きらきら星』を口ずさみ、”被害者が最期に見た景色』を見るという変わった”儀式”を行っていました。

そんな雪平は、過去には捜査中に未成年を射殺し、その後の本音を隠さない発言が問題となり、マスコミにプライベートまでさらされ世間から抜針句を受ける日々を送っていました。

そのことがきっかけで一人娘・美緒( 向井地美音さん)は失語症となり、夫・佐藤 和夫(香川照之さん)と離婚していました。

雪平のお目付け役として、新人刑事・安藤一之(瑛太さん)が赴任してきます。

コンビを組むことになった二人のもとに事件が舞い込みます。

警察やマスコミに何者から小説が届き、その小説のストーリーに沿った殺人が起こります。

現場には本が残されており、挟まっていた栞には『アンフェアなのは誰か』という謎のメッセージが書かれていました。

また、事件はこれだけでは終わらず、事件が起こるたびに次の殺人予告が犯人から届きます。

果たして、犯人は誰なのか?その目的とは?

 1話 『 敏腕女刑事vs予告殺人 』のあらすじ

あらすじ
東京で人質事件が発生し犯人は指名手配中の男でもありました。
警察が交渉しようとするも人質に危害を加えるため難航していました。
その中でも異質な雰囲気を漂わせる雪平(篠原涼子)が現れ、そのまま犯人に蹴りを喰らわせたのです。
その行為は危険性があったため山路(寺島進)に注意されることになるも反省を見せない雪平に安藤(瑛太)という新人を付かせることにしました。
新たな事件が発生し雪平に連絡を取ろうとするも一行に連絡が付かず、そのまま現場検証が行われることになります。
一方、安藤は雪平をなんとか現場まで連れて行こうと必死になっていました。
雪平が到着する頃には終着していましたが、被害者が倒れていた所に雪平は寝転んでしまいます。
三上(加藤雅也)は雪平がいつも行う儀式だとして安藤を諭します。雪平は現場で栞を見つけ、その栞にはアンフェアについての文言が記載されていたのでした。
そこで雪平一方は栞の出版社を駆け回り探し出す事にしました。
岩崎書房だと判明した雪平は瀬崎(西島秀俊)の元へ駆けつけるのでした。
栞の指紋から新たな犯罪が起こるのではと感じ取った雪平は各社宛に送り付けられた原稿に目を通します。
その紙面には事件のことが細かく記載されてあったのでした。

 2話 『 殺人予告を3千万で落札せよ! 』のあらすじ

あらすじ
各社に送られた内容の記述通りに事件が立て続けに発生し、瀬崎(西島秀俊)から例のメッセージ付きの栞が出てきたのです。
その事実を確かめに津崎を尋問することになりました。
被害者である野口(入江雅人)は編集者でもあり、野口とライバルであったことから怪しいと睨むも雪平(篠原涼子)の尋問に動揺することはありませんでした。
その様子に雪平は気になって仕方ありません。雪平が追う事件はメディアでも取り上げられて小説の続きを高額落札する指示があることも訴えていました。
高額な支払いである為と犯人に手を貸すためか出版社は躊躇していたのです。岩崎書房には理恵子(小林麻央)という雪平の幼馴染も働いていました。
その理恵子が美樹(有坂来瞳)に相談を持ちかけていました。理恵子には事件の度にメールが送られてきていたことが原因でした。
しかし、理恵子には送ってきた相手が平井(眞島秀和)ではないのではと考えていました。
平井は気の弱い性格の持ち主で美樹も知る人物でもありました。
美樹は平井には犯行は無理だと言うも理恵子には不審な点があり自宅に例の原稿があることを確かめようと向かってしまいます。
また、次に狙われるのは愛する者であることもメディアにより判明するのでした。

 3話 『 女刑事と容疑者! 危険な愛の行方 』のあらすじ

あらすじ
小説の上巻に記された通り、事件が起こっていきます。
警察は平井(眞島秀和)が理恵子(小林麻央)の元交際相手だという事実を掴むも行方が分からず指名手配に登録させます。
そこに新たな上巻の続きである中巻がマスコミ各社に届き始めたのです。
その小説の続きを購入するためには最低価格が一億円に設定されていました。
ターゲットも顕になり「か弱気者」がひがになることが判明します。
しかし、三日後に次の事件が発生する予告もされてしまいます。
一方、理恵子の死亡解剖が進められていき、入札結果が出る前に犯行に及んだことが解明されたのでした。
検視官を務めた三上(加藤雅也)は、解剖結果から誰も入札しないことを予測していたと判断します。
更に警察内部やメディア関係者の可能性もあると考えたのです。
犯人が定めた予告時間も近づいてきている中、警察側も犯人逮捕に勢いが増していきます。
岩崎書房と囮捜査をすることになった警察は岩崎書房に小説を破格の2億5000万での提示させることにしたのです。
交渉権を得たと思う警察は犯人から連絡を待つことにしていました。
雪平(篠原涼子)はか弱気者という言葉に娘の美央(向井地美音)の様子を見に駆けつけます。
しかし、美央は雪平と近づこうとはしませんでした。

 4話 『 真犯人現る! すべてのナゾが今… 』のあらすじ

あらすじ
警察は小説の中巻に記されてあった「か弱気者」というターゲットを救うために囮捜査を決行していましたが、解決にはなりませんでした。
犯人も今度こそターゲットを仕留めるために動き出します。
小説に記してある犯行に及ぶ条件が大量に4000以上、候補として上がるため特定することが困難とされていました。
平井(眞島秀和)も行方不明で安藤(瑛太)は上司たちにマスコミによる封鎖を実行してはどうかと案を出すも山路(寺島進)たちに却下されます。
警察の失態を顕にしてしまうからでした。
警察は立場を優先的に考えていたことを知り、安藤も怒りを覚えます。
しかし、安藤の打ち明けられない気持ちとは反対に情報が外に漏れてしまっていました。
ニュースを含め街頭での注意喚起まで起こってしまったのです。
捜査が解決に至らないまま、マスコミへの流出対応に追われて警察全体がピリついてしまいます。
しばらく分析を担当していた三上(加藤雅人)は周囲の音から犯人の居場所特定に繋がるであろう分析に成功させます。
蓮見(濱田マリ)は情報監察官として現場を支えてきていました。
三上の情報に蓮見による音声分析を加えたことでビルの特定まで完了しました。
すぐさま雪平(篠原涼子)に連絡が通り、急いで現場に駆けつけます。

 5話 『 愛娘が消えた! 衝撃の募金型誘拐 』のあらすじ

あらすじ
長引いた小説事件は雪平(篠原涼子)が瀬崎(西島秀俊)を撃ったことで解決したと思いきや、雪平はメディアに責められてしまいます。
雪平が犯人を撃ってしまったことで人権問題に捉えられていたからでした。
美央(向井地美音)が突如攫われ、雪平に犯人から連絡が掛かります。
犯人の要望は警察に知らせないようにとの事で、破ってしまった場合美央に危害を加えるというものでした。
しかし、雪平は上司だけに内密に報告し秘密行動で捜査を進めていきます。
一方、和夫(香川照之)は美央の誘拐で待機しているよう雪平に説得され、編集社に休暇願の旨を報告します。
しかし、編集長は和夫の意向を受け止めようとしないため和夫は仕方なく誘拐のことを伝えしまいます。
編集長は和夫の事件を口外しない約束をすぐさま破り自社のスクープにしようと記者を動かすのでした。
雪平も山路(寺島進)の言いつけで自宅謹慎になってしまいます。
その後、雪平の元に犯人からメディアでの報道発表する指示を出してきました。
その内容を聞いた雪平は事件公表することは公開捜査してもよいと考え強引に動いていきます。
犯人の要求は止まることはなく国民全員が身代金を寄付するようにとアンフェアの言葉と共に要求してきたのでした。

 6話 『 衝撃の誘拐犯の正体! ナゾの要求 』のあらすじ

あらすじ
国民全員から徴収する募金型誘拐事件が発生し内部犯行か瀬崎(西島秀俊)との繋がりもあるのかと様々な解釈が浮き上がっていきます。
特殊犯を含め雪平(篠原涼子)は自宅で犯人からの連絡を待ち侘びていました。
夜明けを迎えた頃公衆電話に向かえとの指示が犯人から雪平に届きます。
指示を受けた雪平が急いで現場に向かうと公衆電話がなっていました。
しかし、電話に出るも再度別の現場に向かえとの指示でした。
ボックス内には美央(向井地美音)が描いたと思われる絵が残されていました。
警察も美央の誘拐を本腰にし雪平の口座番号も公開することを決めていました。
会見をするために集めた報道陣がいる中、颯爽と現れた雪平は身代金は払わないと断言するが雪平の思いは虚しく口座番号は公表してしまいます。
その行動をテレビ越しに見ていた和夫(香川照之)は雪平の行動に苛立つも、雪平は向こうから連絡してくるよう仕向けるための作戦であることを打ち明けます。
犯人は雪平の行動が想定外であったためか、雪平が雇っている牧村(木村多江)を美央の代わりに世間の同情を買おうとさせようと考えます。
牧村家族を葬った事件の加害者を突き止め報道させようと雪平に指示を送るのでした。

 7話 『 急転!恐怖の銃弾が刑事を襲う! 』のあらすじ

あらすじ
牧村(木村多江)家族を巻き込んだ加害者である広田(伊藤洋三郎)が揉み消している可能性があるという事実に寄付する国民が増え、遂に12億円にまで到達していたのです。
犯人は集めた株で広真建設の株を購入する指示を出すも警察は急降下する株を購入する理由が分かりませんでした。
雪平(篠原涼子)は現場に復帰することが許されないでいる中、三上(加藤雅人)は仕手戦の可能性があると推測していました。
15時に約束の金が手に入ることになっている中、犯人は牧村と繋がっていたのです。
そんな牧村は美央(向井地美音)に食事を与えていました。
雪平も犯人の狙いや行動に怪しさを覚え牧村が犯人のではないかと考えはじめます。
雪平は広田の調書を調べることにするも本来は見せてもらえない閲覧禁止事項であることを知っていたため、三上に閲覧出来るよう事前に頼んでいたのでした。
そこに過労が原因で和夫(香川照之)が倒れたと連絡が入り、雪平が側に付いている間に安藤(瑛太)が調書を探し出す任務に出ることになったのです。
安藤は任務全うのため、こっそり調書のコピーを取ろうと忍びんでいました。
安藤は調書の復元をする中、三上は監視カメラのチェックを行い手がかりを探していました。
一方、牧村は犯人に警察が謝罪したどうかを確認するのでした。

 8話 『 女たちの執念! 悲しき犯人の最期 』のあらすじ

あらすじ
安藤(瑛太)は牧村(木村多江)に撃たれてしまい危ない状態になっていました。
手術を受けている中、雪平(篠原涼子)は内部の犯行が強いと考えていました。
更には牧村事件にも関与している人物が怪しいのではと感じる中、警察は安藤の行動を調査していました。
蓮見(濱田マリ)は逆探知が記している場所であったことを証言し係長以上しか入れない場所でもあることから山路(寺島進)も内部犯行を怪しみます。
山路は雪平から安藤が亡くなったと報告を受け、悲しむ間もなく犯人逮捕に必死になります。
美央(向井地美音)は解放され雪平が駆けつけ抱きしめようとするも美央はすぐさま和夫(香川照之)の元へ駆け寄ってしまいます。
一緒にいた牧村は申し訳なさそうにしていました。
しかし、和夫が勤める出版社が出していた週刊誌に狂言誘拐と見出しで書かれ雪平や和夫のことが書かれていました。
メディアもこの記事内容に食いつき雪平に12億円の居場所を聞き出そうと集まりだし、警察でさえも雪平が犯人ではないかという話まで持ち上がってしまいます。
牧村は聴取で自分たち家族を気にかけてくれていることが嬉しいと犯人を持ち上げていました。
牧村の言動に雪平は疑いの目を向けるのでした。

 9話 『 新章! 忍びよる黒幕と禁断のキス 』のあらすじ

あらすじ
牧村(木村多江)が亡くなったことで雪平(篠原涼子)は和夫(香川照之)に会いに行き、事の経緯と美央(向井地美音)には黙っておいてほしいと頼みます。
雪平はしばらく牧村が口にしたメッセージを考えている中、美央に牧村の事実を知らせないよう周りが気を配っていました。
和夫も牧村の亡骸と対面していました。
広田(伊藤洋三郎)の証言により警察の揉み消した事実がメディアを通して知れ渡ってしまいます。
和夫は事実を受け止め記事を書きながら一人で行動しようとしていました。
また蓮見(濱田マリ)は美央を監禁していた時に拒否されたことを思い出し苛立っていたのでした。
三上(加藤雅人)は監視カメラには何も映っていないため違う線を当たり、雪平は安藤(瑛太)に対して作戦完了と病院に行かせようとしていました。
安藤は牧村のメールを一部復元出来、その内容が牧村が最後に残した言葉と繋がるのではと雪平に伝えます。
広田を許せない和夫は会社を辞めて独断で追い詰めていく作戦を実行に移します。
一方、証拠を持っているのは美央だけだと気づいていた蓮見は美央を捕まえようと自宅に行くも美央は別の場所で待機していたため見つけることは出来ませんでした。
そんな中、新たな事件が発生してしまいます。

 10話 『 絶望の涙! 黒幕と運命の対決へ… 』のあらすじ

あらすじ
雪平(篠原涼子)は蓮見(濱田マリ)の自宅に駆けつけるもばつ印がつけられて倒れていました。
近くには和夫(香川照之)の名刺が落ちていました。
美央(向井地美音)を安藤(瑛太)に預けていたため、安藤との連絡で無事だと知り安堵します。
蓮見が逮捕されたことで警察側も窮地に立たされていました。
内部犯行が現実となったからでした。
三上(加藤雅人)は蓮見の検証から連続事件だとし報告します。
安藤の指紋も出てしまい、三上や上司からも安藤を疑う声が上がる中、雪平は庇い続けていました。
しかし、安藤は雪平の電話に出ずにいる中、事件は蓮見一人で行われたものではないことを雪平は伝えます。
ライフルを使える共犯者がいるのではと考えていたからでした。
山路(寺島進)にも疑いの目を向け聴取が行われます。
山路は蓮見と交際していたのも理由に挙がっていました。
その頃、雪平は蓮見を確実に狙いにくる犯人の隙を伺い捕まえようと病院で待機していました。
雪平は和夫も犯行に加わっているのかどうか真実を掴めないままでした。
更に森川(大高洋夫)が狙われ、またもやばつ印が刻印されていたのです。
森川は過去3人との繋がりが見えず和夫の線が薄れる中、蓮見が眠っている病院で火災の通報な流れます。

 11話 『 今夜すべての真相が!? 』のあらすじ

あらすじ
和夫(香川照之)は全国に指名手配されてしまうも雪平(篠原涼子)に連絡を取り教会で会うようにしていました。
美央(向井地美音)の事件を和夫は独断で捜査していたことを雪平に話し犯人ではないと伝えます。
罰サイトのアドレスも蓮見(濱田マリ)から聞き出したもので、犯人の動機が雪平に関わるものであることも話すと雪平は衝撃を受けてしまいます。
雪平を陥れる計画が犯人の真の目的であるではないかと告げます。
更に犯人は和夫を雪平が撃つことを狙っていると睨んだ二人は予測通り動き犯人を炙り出すことを約束していました。
決行当日、二人だけの約束通り雪平が和夫に発砲したのです。
芝居をうっている二人の元に現れたのは安藤(瑛太)だったのです。
雪平が安藤に詰め寄り和夫も加わると安藤は全ての犯行を認め始めたのです。
更に安藤は過去に起きたパチンコ店員事件に関わっていたのでした。
豊(三浦春馬)と呼ばれる幼馴染が安藤を助けるために犯行を犯してしまい警察に撃たれてしまっていました。
その豊に銃口を向け発砲したのが雪平だったのです。
その豊に対する思いから雪平に対して怒りが湧き今回の騒動を計画していました。
安藤は怒りが収まらず雪平に銃口を向けると雪平も安藤の気持ちを受け入れます。

『アンフェア』の感想

30代 女性 の感想
《おススメ度:5 out of 5 stars 》

この作品の見どころは、篠原涼子さんのキレのあるアクションシーンです。本当にかっこよくて思わず見入ってしまうほどです。そして、この作品を観て篠原さんの演じる雪平が数々の難しい事件と戦う刑事姿に、刑事といえば男の人のイメージだったけれど、女でもこんなに、かっこいい刑事になることができるのだなと思い、同じ女性としてこの作品を観る度にスカッとした気持ちになれます。アンフェアなことは、この作品の中だけでなく現実の世界でも多いけれど、そんな現実で生きていく勇気を雪平は与えてくれるので、色々と我慢しなければならない大人が雪平の破天荒さを観たら、もっと自分を出しても大丈夫かなと気持ちが楽になれる作品になっていると思います。

30代 女性 の感想
《おススメ度:5 out of 5 stars 》

このドラマはシリーズ化されているのですが、犯人が見つかったかと思えば、黒幕が別にいて、真犯人がなかなか見えて来ず、むしろみんな怪しく見えてきて、先の展開が分からずハラハラする内容です。遺体があったところに雪平が同じ体勢になって、その人が見た最後の景色を見るのが恒例ではありますが、ドラマを見ながら、遺体があったところによく寝そべることが出来るなぁと不気味に感じていました。娘の美央は可愛らしい子ですが、雪平の子供ということで事件によく巻き込まれて怖い思いをしています。しかし、泣き叫ぶことも少ないので、親の性格を受け継いで凛々しく育ったのかと勝手に考えています。雪平の周りにはいい仲間がたくさんいるように見えますが、後々の展開で敵になっていたり、敵かと思えば味方であったりと予想外のことばかり起き、飽きることのないドラマです。

30代 女性 の感想
《おススメ度:4 out of 5 stars 》

最初ドラマ「アンフェア」のあらすじやその主人公を教えられた時は「あ、合わないな」と思いました。型破りな女刑事が主人公のドラマはよくあるものの、まるでハードボイルドな小説の登場人物のような主人公こと雪平についていけない気がしたからです。しかし篠原涼子さんの演技が上手いおかげで、変わっていたりクールすぎたりする雪平に対してあまり嫌悪感なくドラマを見る事ができました。何よりも事件の展開が二転三転していき、気が付けば次の話が楽しみでなりませんでした。雪平も容赦はないですが、それ以上に事件も容赦がなく、他の刑事ドラマにはない独創性がクセになります。特に最後はまさかの人物が犯人であるため、驚かされました。要するに刑事ドラマに飽きた人におすすめな作品です。

U-NEXTのおすすめ配信情報

篠原涼子さん出演作品

 

  • ドラマ『アットホーム・ダッド
  • ドラマ『マザー&ラヴァー』
  • ドラマ『愛を乞うひと』
  • 映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

瑛太さん出演作品

 

  • ドラマ『オレンジデイズ
  • ドラマ『のだめ カンタービレ』
  • 映画『余命1か月の花嫁』
  • 映画『ディア・ドクター』

31日間無料トライアル中!

今日登録すると
10月23日まで無料視聴可能

 

この記事の情報は、2021年5月現在のものです。
最新情報はU-NEXT公式サイトをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました