『左ききのエレン』(1話~最終回)の無料動画を視聴できる方法!NETFLIXやpandoraでも配信している?

神尾楓珠さん・池田エライザさんW主演ドラマ『左ききのエレン』の動画無料配信しているサイトについてまとめています。

『左ききのエレン』(1話~最終回)はU-NEXTで配信されています。

 

31日間無料トライアル中!

今日登録すると
11月16日まで無料視聴可能

『左ききのエレン』(1話~最終回)の動画が配信されている公式動画サイトは?

配信状況配信サイト無料トライアル期間
 width=
U-NEXT
31日間
《有料》 width=
楽天TV
31日間
× width=
Hulu
2週間
× width=
FOD
2週間
× width=
Paravi
2週間
× width=
dTV
31日間
×
TSUTAYA TV
30日間
× width=
WATCHA
31日間
× width=
DAZN
1ヶ月
× width=
DISNEY+
31日間
× width=
NETFLIX
無し
× width=
Amazonプライム
30日間

 

『左ききのエレン』(1話~最終回)1話から最終話までの動画は様々な動画配信サイトで視聴することができます。

その中でも、無料トライアル期間が長く、動画配信サイトNo.1の配信数の、U-NEXTがおすすめです。

 

 
dailymotionpandoraなど様々な無料動画共有サイトがありますが、公式配信ではない動画は、無断アップロードされた違法動画です。

この違法動画はダウンロードすることも、著作権法違反となります。

動画を視聴するだけなら。。というのも現在では”限りなく黒に近いグレー”ですが、今後違法になる可能性があります。

また、ウイルス感染の危険があります。 動画共有サイトで視聴される場合は、自己責任でご視聴ください。

 

31日間無料トライアル中!

今日登録すると
11月16日まで無料視聴可能

 

『左ききのエレン』(1話~最終回)の動画をU-NEXTで視聴する方法

『左ききのエレン』(1話~最終回)の動画が配信されているU-NEXTの登録は簡単です。

31日間無料トライアル中なので、今日登録すると、11月16日まで動画を無料で楽しむことができます。

また、『左ききのエレン』(1話~最終回)動画だけでなく、様々な動画が無料視聴できます。

ダウンロード機能もありますので、場所を問わず動画が視聴できます。

配信サイトNo.1の圧倒的な配信数!

ポイント付与も魅力!

 

無料トライアル期間31日間
月額料金(税込)¥2,189
ポイント付与毎月1,200pt
コンテンツ数14,000以上
課金制度
ダウンロード視聴△(一部対象外)
対応デバイスPC
スマホ・タブレット
テレビ
PS4・PS5
ブルーレイレコーダー
プロジェクター
セットトップボックス
ドングル端末
登録可能アカウント数4アカウント
同時視聴4台(同作品不可・一部対象外有)

 

登録方法と解約方法

登録方法
  1. U-NEXTの公式ページにアクセスします。
  2. 『まずは31日間 無料トライアル』をタップします。
  3. 各情報を入力します。
  4. 決済方法を選択し、『送信』をタップます。
    ※無料トライアル期間中に解約すれば、月額料金は発生しません。

これで登録は完了です。

解約方法
Amazon Fire TV / Fire TV Stick
  1. AmazonのWebサイトで操作をします。
  2. Amazonアカウントにログインし、『アカウント&リスト』の『アカウントサービス』を選択します。
  3. 『アプリライブラリと端末の管理』を選択します。
  4. 『管理』の『定期購読』を選択します。
  5. 定期購読している一覧が表示されますので、U-NEXTの『アクション』の中の『自動更新をオフにする』を選択します。

これで解約完了です。

AppleID
  1. AppleIDで操作をします。
  2. アプリの『マイページ』をタップします。
  3. 『設定・サポート』セクションの『サポート』をタップします。
  4. 『契約内容の確認・変更 』をタップします。
  5. 『定額制サービスを停止』をタップします。
  6. AppuleIDのアカウント管理画面に移行しますので、『U-NEXT』をタップします。
  7. 『サブスクリプションをキャンセルする』をタップします。
  8. 『確認』をタップします。

 

※『サブスクリプションの編集』画面で、『サブスクリプションをキャンセルする』が表示されている場合は解約が出来ていません。
再度解約手続きを行ってください。

これで解約完了です。

webサイト・対応テレビ・電話勧誘・ショップやブースでの対面申込
  1. U-NEXTの公式ページにアクセスします。
  2. 画面左上の『≡』をタップし、続けて『アカウント設定』をタップします。
  3. 解約したいプランの『解約はこちら』をタップします。
  4. 残りの日数などが表示されますので、確認後『次へ』をタップします。
  5. アンケートが表示されますので、任意で回答してください。
  6. 画面下の方に『解約時の注意事項』が記載されていますので、確認後『同意する』にチェックをいれて『解約する』をタップします。

これで解約完了です。

『左ききのエレン』の情報

 

  • 放送回…全 10 話
  • 放送局… TBS系
  • 放送期間… 2019年10月21日 – 12月23日
  • 脚本…  根本ノンジ
  • 原作… かっぴー 漫画『左ききのエレン』

主題歌 ポルカドットスティングレイ 「女神」

『左ききのエレン』のキャスト

 

  • 朝倉光一 … 神尾楓珠
  • 山岸エレン … 池田エライザ
  • 神谷雄介 … 石崎ひゅーい
  • 加藤さゆり … 中村ゆりか
  • 三橋由利奈 … 今泉佑唯
  • 流川俊 … 吉村界人
  • 朱音優子 … 田中真琴
  • 園宮千晶 … 久保田紗友
  • 岸あかり … 八木アリサ
  • 斎藤咲千代 … ハマカワフミエ
  • 柳一 … 丸山智己
  • 古谷真治 … 堀部圭亮
  • 沢村考 … 村杉蝉之介
  • 佐久間威風 … 板橋駿谷
  • 小泉 … 津村知与支
  • 海堂 … 般若

 

『左ききのエレン』のあらすじ

 全体 のあらすじ

デザイナーとして働く朝倉光一は、ある日『3億円キャンペーン』のロゴデザインの仕事を任されます。

先輩の神谷の助けもあり、プレゼンは成功し案件を勝ち取りますが、光一はこのプロジェクトから外されてしまいます。

そんな光一の脳裏には、高校時代の同級生・山岸エレンの言葉がよぎっていました。

『夢見ているやつが10万人いたとして、残るやつは10人がいいところだ』

プロジェクトを外されて落ち込む光一に、朱音優子が芸術雑誌を差し入れてくれました。

その雑誌には、ニューヨークで活動するエレンが載っていました。

高校時代、エレンは絵の仕事で報われず自殺した父親を思い出しながら、美術館の新人アーティストの展示会のポスターの横にスプレーで絵を描いていました。

そんなエレンの制作過程を見て感動した光一は、同級生の加藤さゆりとともにエレンを探し当てます。

しかし、エレンは光一の作品を見て『下手だよ、お前』と言い、光一を殴ったのです。

『夢見ているやつが10万人いたとして、残るやつは10人がいいところだ。これが現実なんだよ。』そう言い放つエレンに

『俺は俺が諦めるまで諦めない』と光一は言い返します。

深夜まで黙々と作業を進める光一は、昔のことを思い出し、またやる気を取り戻します。

同じ頃、最近絵を描いていないエレンは、雑誌の記者からの『あなたを奮い立たせるライバルはいないのですか?』という質問に

『横浜にいる』と答えました。

そんな中、光一はポテトチップスのコマーシャル企画の打ち合わせに参加します。

ティーン向けに発売される商品でしたが、先方の部長がファンである演歌歌手を起用するよう要求してきたのです。

一旦、企画を持ち帰ることにした光一は、過去にエレンから言われたある言葉を思い出し、クリエイターの視点からコマーシャルを作り上げていきます。

一方、ニューヨークにいるエレンは相変わらず絵が描けずにいました。

そこにモデルの岸あかりがやってきて『描かせてあげようか』と洋服を脱ぎ始めるのでした。

自らの才能の限界に苦しみながら、がむしゃらに生きる凡才・光一

才能がゆえ苦悩と孤独を抱える天才・エレン

二人がみいだす『本当の自分』とは?”

 1話 『 オレは、オレの事ばっかりだ 』のあらすじ

あらすじ
朝倉光一(神尾楓珠さん)は目黒広告社で働く社会人4年目のデザイナーです。
ある時光一はサニートライ社の3億円のキャンペーンのロゴデザインを任されます。光一は必死でロゴの案を先輩の神谷(石崎ひゅーいさん)に出しますが、却下の連続で作業は進まず、結局徹夜をすることに。
翌朝神谷から電話が入り修正を助けてもらって、無事にデザインが仕上がります。光一がサニートライ社に出向いてデザインのプレゼンをすることに。その時光一の脳裏には高校時代の同級生だった山岸エレン(池田エライザさん)の「夢見ているやつが10万人いたとして、残る奴は10人がいい所だ。」という言葉が脳裏をよぎります。
光一のプレゼンは成功し案件を勝ち取りましたが、光一は局長からこのプロジェクトから外れるよう言われるのでした。
神谷が居酒屋で慰労会を開きますが、悔しさで心が一杯の光一は途中で帰ってしまいます。
デザイナーになるのが夢だった高校時代のことを回想する光一。光一は山岸エレンが美術館にスプレーを噴射して作品を作る姿を思い出します。情念をぶつけるように描きあげたエレンの作品に「俺の百倍上手い。」とつぶやく光一。
「光一、本気出せよ。見せてくれよ。凡才のお前が平凡な人生にどう抗うか。」と光一の頭の中でエレンが囁きます。
光一は神谷に電話をして先程の非礼を謝罪するのでした。

 2話 『 パパの手はそうじゃなかったんだ 』のあらすじ

あらすじ
プロジェクトから外され気落ちしている光一に朱音優子(田中真琴さん)が芸術雑誌を手渡してくれます。雑誌にはニューヨークで活動しているエレンが載っていました。
高校時代にエレンは美術館の新人アーテイストの展示会のポスターの横にスプレーで絵を描きますが、その絵は絵の仕事で報われず自殺した父を思い出して無念の思いで描いたのでした。制作過程を見て感動した光一は絵を描いていた少女を探し始めます。光一は同級生の加藤さゆり(中村ゆりかさん)と一緒にある美術学院を訪ね、エレンを探し当てるのでした。一緒の道に進みたいと申し出るさゆりに「俺はこの道に命賭けてるんだからさ。」と言う光一。それをたまたま聞いていたエレンは「いくら本気でも、報われなければ自分も周りも不幸になる。」と自分の報われなかった父を思い出すのでした。
エレンは建物に絵を描く光一の作品を見て「下手だよ、お前。」と言って、いきなり光一を殴ります。「夢見てる奴が10万人いるとして残る奴は10人がいい所だ。これが現実なんだよ。」と言うエレンに「俺は俺が諦めるまで諦めない!」と言い返す光一。
深夜黙々と作業をこなす光一。昔のことを思い出し、またやる気を取り戻します。
最近絵を描いていないエレンに対して、雑誌の記者は「あなたを奮い立たせるライバルはいないのですか?」と尋ねます。エレンは「横浜にいる。」と答えるのでした。

 3話 『 私は努力を信じない 』のあらすじ

あらすじ
光一はポテトチップスのコマーシャル企画の社内打ち合わせに後輩の三橋由利奈(今泉佑唯さん)と参加。ティ―ン向けの商品ですが、先方の部長が演歌歌手の荒川さと子のファンでさと子を起用するようにと部長の冬月(阪田マサノブさん)は要求します。ひとまずその案件を持ち帰る神谷と光一。
高校時代に海堂(般若)の美術学院で絵を学び始めた光一は自分の絵を見て自画自賛します。その絵を見たエレンはいきなり絵を蹴っ飛ばして「努力して報われる世界ならパパは死ななかった。私は努力を信じない。」とつぶやくのでした。
エレンは次第に光一の姿に父の姿を重ねて見るように。凡才でありながらもひたむきに努力をする光一の姿にエレンは影響を受け始めるのでした。光一の最高傑作が出来たと海堂から連絡を受けたエレンはその絵を見に行きます。その絵を見て「変わった…。」とつぶやくエレン。絵の横には才能がありながら今は殆ど絵を描こうとしないエレンへ「描けよ!」とのメッセージが。エレンは光一の描いた絵の上から作品を描き始めるのでした。
光一は「本気出せよ」というエレンのメッセージを思い出しながら、クリエイターの視点からコマーシャルの企画案を作り上げます。光一は営業の流川(吉村界人さん)に自分の案を見せようとしますが、流川は「俺はな、クリエイティブな奴らが大嫌いなんだよ。」と言い捨てて立ち去ってしまうのでした。

 4話 『 サラリーマンやれよ 』のあらすじ

あらすじ
以前流川は神谷と仕事をする機会があり、神谷は営業の流川達の意見を取り入れて作品を作ります。神谷と組んで作ったCMが賞を取り、大喜びする流川にクリエイティブの社員が「営業なんて何もしてないのに。」と陰口を言い、それを聞いて以来流川はクリエイティブを目の仇に。
光一はもう一度流川が驚く企画を出すと企画作りに励むのでした。プレゼンまで後2日に迫る中、光一はあらゆる雑用に追い立てられます。なかなか企画案作りが上手くいかない光一に由利奈は「これでなきゃダメだって決めてかかるのが早すぎるんじゃないですか。」と言い、その言葉はエレンの「おったてんのが早すぎるんだよ。」の言葉と重なるのでした。
光一は営業の観点とクリエイティブの観点、その折衷案で数十もの案を考え出します。
神谷は流川にクライアントを一番理解している営業に、膨大な数のラフ案からプレゼンの案をどれにするか決めてほしいと告げるのでした。
流川は荒川さと子の出演する案を選び、そのコマーシャルは意外性が受けて評判になります。光一は自分の出した案が殆ど通らなかったことで落ち込みますが、「スターを照らす側の人生もあるんだ。」と神谷から言われます。
ニューヨークのエレンは相変わらず絵が描けません。そこへモデルの岸あかり(八木アリサさん)が訪ねて来て「描かせてあげようか。」と洋服を脱ぎ始めるのでした。

 5話 『 普通の人生じゃ、やだよ 』のあらすじ

あらすじ
神谷は光一と組んで作ったCM完成の慰労会の帰りに、初めて光一と組んで作ったサニートライの案件のことを思い返します。
局長クラスの会合に呼び出され、サニートライのコンペへの参加を依頼される神谷。上層部は今の神谷のチームを解体して、他部門からベテランチームを入れて新神谷チームを再編成するよう要請しますが、神谷は現在の若手クリエイター中心のメンバーで行きたいと主張します。神谷の尽力のお陰で光一はサニートライの案件に携わることが出来たのでした。
あかりとエレンの出会いは大学1年の時で、あかりはエレンの噂を聞きつけ話しかけます。あかりに対して無頓着な反応のエレンにあかりは興味を持ち、学生主催の撮影会にエレンを誘います。
勝手にステージに上がり、ポーズを取り始めるあかり。そこへやって来たエレンはあかりの姿に釘付けになり、「お前を描かせろ。」と迫るのでした。
当時付き合っていたさゆりと一緒に帰る光一は光一を隣で支えるのが夢と話すさゆりに「普通の人生じゃ嫌だよ。」とつぶやきます。
神谷は光一に広告の仕事の面白さはスター側の人間と対等になれることだと話します。「突き抜けた才能に認められた瞬間、チームになれる」と言う神谷の言葉は光一の心に深く響くのでした。
ニューヨークであかりはエレンの描いた絵を眺めて「下手くそ。才能を失ったエレンなんてただの屑だよ。」と告げます。

 6話 『 誰がつくったかなんて、誰も知らなくても 』のあらすじ

あらすじ
自分達は天才になれなかったが、天才と対等な関係になって作品を作ることは出来ると光一に話す神谷。以前サニートライのコンペの作品を神谷と共に作っていた光一は徹夜続きがたたって職場で倒れます。
キツイなら降りてもいいという神谷に「最後までやらせて下さい。」と必死で食らいつく光一。神谷チームの頑張りが功を奏してサニートライの案件を勝ち取りましたが、経験の足らない光一は案件から外されます。しかし光一の作ったロゴデザインはそのまま使われることになるのでした。光一は悔しい思いをしますが、神谷は光一に「誰が作ったかなんて誰にも知られなくていい。その作品自体は誰かに届いている。」と伝えます。
一方孤独に押しつぶされて絵が描けなくなったエレンを心配したさゆりは、エレンにいろいろとアドバイスしますが「うるさいなぁ。」と言ってアトリエを出て行くエレン。
エレンは広告の雑誌を眺めていて、サニートライの光一のロゴを発見します。「光一…。下手くそ。」とエレンは嬉しそうな笑みを浮かべるのでした。アトリエに戻りさゆりの不在を知って呆然とするエレン。
光一は神谷から今の会社を辞めて他の会社を立ち上げることを聞かされます。「俺、頑張ります。俺ガッツしかないけど。」と光一は言うのでした。
神谷チームが無くなり、光一は社内で厳しい指導で有名な柳一(丸山智己さん)の元で働くことになります。

 7話 『 不夜城の兵隊 』のあらすじ

あらすじ
柳は噂以上に厳しく仕事の上でどんどん光一に負荷をかけます。柳のチームのメンバーは不夜城の兵隊と呼ばれ、昼夜関係なく仕事に追われているのでした。柳の仕事のさせ方に不満を感じる光一でしたが、柳の修正した作品は格段に良くなっていました。
柳のチームから抜けたいと部長に直訴に行く光一でしたが、話の途中で柳から山下(仁科貴さん)に連絡がつかないからポスターの仕事に着手しろと連絡が来てしまいます。職場に行くと山下が妻の陣痛のため急いで仕事を済ませて帰ろうとしている所でした。光一は山下の仕事を手伝い、山下は病院へ。
その後山下の仕事で修正依頼が入りますが、光一は先方に修正依頼を取り下げてもらいます。それを聞きつけた柳は激怒し、すぐに山下を呼び戻して修正するよう光一に言いつけるのでした。
1年半後、由利奈と神谷は「ヤングアートディレクタートークショー」に光一が出演するというので見に行きます。光一はすっかり様子が変わり、仕事で大切なのは「雑音の排除、1人でやるのが最も建設だ。」と語るのでした。神谷に会った光一は「俺は照らされる側の人間になる。」と冷たく言い放ちます。
一方ニューヨークのエレンの元にようやくゆかりが戻って来ます。「なんかあっただろ?」と聞くエレンに恋人からプロポーズをされたと答えるさゆり。エレンはさゆりからもらったグミを返しアトリエを出て行くのでした。

 8話 『 才能がなかったんだ 』のあらすじ

あらすじ
ニューヨークを出たエレンは横浜の美術学院を訪ね、そこで光一の最近のデザイン広告を見ますが「なんか違う…。」とつぶやきます。
光一は外注先に対して高圧的な態度を取るようになり、外注先から苦情が来て案件から外されてしまいます。サラリーマンの4種類のタイプを光一に説明した後でお前には才能がないと断言する柳。
柳からハッキリ才能がないと言われて光一は落ち込んでしまいます。光一の元に若手クリエイターとの対談の仕事が入ったあかりが対談しないかと電話をしてきますが「お前らは物語の主人公で俺はちがう。」と電話を一方的に切る光一。
光一を心配した由利奈は営業の流川に相談し、流川は園宮製薬の化粧品のリブランディングの仕事を光一に任せます。
宣伝部長はまだ経験の浅い、社長令嬢の園宮千晶(久保田紗友さん)。光一を交えた打ち合わせが始まりますが、不慣れな千晶を皆の前で社長(おかやまはじめさん)は厳しく叱責します。光一は緊張する千晶が話しやすいように話を進め、平日の化粧品というブランドビジョンを作り出し、「ウィークディ」という名称を導き出すのでした。化粧品のモデルもあかりのようなトップモデルではなく無名のモデルに変更しようという話になります。
マネージャーから園宮製薬の契約更新がなくなり、今回の担当者が光一だと聞かされたあかりはオーデション会場に姿を現すのでした。

 9話 『 ヤツらの邪魔をするな 』のあらすじ

あらすじ
園宮製薬のオーデション会場に突然やって来たあかりに周囲の人間は驚きを隠せません。今回のブランドのコンセプトの「共感」とはミスマッチに思われましたが、その圧倒的な存在感であかりはオーデションを勝ち取ります。
26歳のあかりは今の自分が美しさのピークであることを自覚していて、最高の自分を残せるカメラマンに撮影してもらうことを希望し、日本トップの佐久間威風(板橋駿谷さん)を指名します。
佐久間は天才的なカメラマンですが横暴な性格で有名で、佐久間とあかりという破天荒な者同士の組み合わせに光一や流川は危機感を募らせるのでした。
流川は柳に相談に行きますが、柳は「奴らの邪魔をするな。」とだけアドバイスします。
「これが本当に最後の仕事だ。」と自分に言い聞かせて、あかりと佐久間の撮影に臨む光一。今回の広告のコンセプトは「共感」だと光一は佐久間に告げますが、佐久間とあかりはその言葉を無視してスタイリッシュな写真を撮影し始めます。自分達のスタイルをごり押しする佐久間のやり方に光一の前で泣き出す千晶。
撮影現場に行こうとする光一を必死で止める流川に、自分達は愛想笑いして穏便に終わらせるために働いていないと優子は言います。それを聞いた流川は光一を撮影現場に送り出します。
一方横浜にいるエレンは光一のデザインしたポスターを見かけて、その上からスプレーで絵を描き始めるのでした。

 10話 『 天才になれなかった全ての人へ 』のあらすじ

あらすじ
クライアントのコンセプトを無視して佐久間とあかりは自分達の求める「世紀の一枚」のための撮影を続けます。そこに光一が割って入り撮影を止めると、集中力の途切れたあかりは倒れ佐久間は激怒して光一に殴りかかります。光一はあかりと佐久間に謝罪してふらふらとスタジオを出て行くのでした。
横浜の街中で光一のデザインした広告のポスターが落書きされているという話を由利奈から聞かされた光一はエレンの仕業だと直感し、エレンを探しに横浜に向かいます。
エレンを求めて街を捜し歩く光一は、エレンを探しにやって来たさゆりと遭遇します。2人の目の前で夢中で絵を描くエレン。「それ俺が作ったんだ。何者にもなれなかったけど。」と光一が言うと「昔からずっと下手くそだ。」とエレンは言います。エレンは「信じろ!何かになれなくても。お前が教えてくれたんだ。だから描けよ!」と光一に力強く告げます。吹っ切れたような笑顔を見せてその場を立ち去る光一。
現場では撮影が終了し、元々のコンセプトから外れているものの芸術的な作品が撮れていました。現場に戻った光一は周りの人々に謝罪し、「何者でない皆に届くものを作らなきゃいけないんです。」と佐久間とあかりに熱く語ります。流川と優子も頭を下げて頼み、あかりは「決めるのはいつも私なの。」と言って写真の撮り直しを了解し、光一も加わって撮影が始まるのでした。

『左ききのエレン』の感想

20代 女性 の感想
《おススメ度:4 out of 5 stars 》

ドラマ『左ききのエレン』では、「あかりのカリスマ性」と「信頼関係を強める2人」が見どころです。1つ目は、あかりのカリスマ性です。このドラマでは、広告に関わる仕事をしている人々の様子が描かれます。モデルのあかりは、モデルとして高い人気を集めていて、どんな撮影でも見事に要求に応じて見せます。あかりがモデルとして驚異の才能を常に見せていくところが見どころです。2つ目は、信頼関係を強める2人です。画家のエレンは、高校から一緒のさゆりとタッグを組んでいて、お互いに支え合って世界を舞台に活躍の幅を広げていきます。お互いに相手の性格を熟知して、才能を活かせるように刺激を与えあっていく2人が見どころです。

20代 女性 の感想
《おススメ度:4 out of 5 stars 》

『左ききのエレン』の見どころは、「広告ができるまでの過程」と「光一は何かを得られるのか」です。まず、広告ができるまでの過程についてです。このドラマでは、広告関連会社に勤務する人々の様子が描かれます。物語の中では、多様なテーマの広告がデザインされて形になっていくまでの模様も描かれます。普段目にしている広告がどうできていくかが丁寧に映し出されるところが見どころです。次に、光一は何かを得られるのかについてです。広告デザイナーの光一は、デザイナーとして唯一無二のものを?もうと奮闘します。デザイナーとして思うようにいかず壁にぶつかり続ける光一が自分が納得できる何かを手にすることができるのかが見どころです。

30代 男性 の感想
《おすすめ度:4 out of 5 stars 》

『左ききのエレン』の感想・見どころはエレンの天才的な芸術的センスについては作品の中でも語られていますが彼女の天才たることによる苦悩などその立場の人にしかわからない悩みなどが描かれているのでそういったところはこの作品の見所なのではないかと思います。またこのドラマでは働いている社会人の仕事に対する姿勢についても感じ取ることができる所があるので単純にただの面白いドラマということではなくこれからの生き方についても考えることができる作品なのではないかと思います。ドラマの中で複雑に絡み合う人間関係などそういったところを見ところの一つになってると思うので非常に楽しめるドラマ作品だったと思います。

U-NEXTのおすすめ配信情報

神尾楓珠さん出演作品

 

  • ドラマ『シグナル』
  • ドラマ『ギルティ』
  • ドラマ『鈍色の箱の中で』
  • 映画『私がモテてどうすんだ』
  • 映画『ビューティフルドリーマー』
  • 映画『うちの執事が言うことには』

池田エライザさん出演作品

 

  • ドラマ『二つの祖国』
  • 映画『一礼して、キス』
  • 映画『トリガール!』
  • 映画『オオカミ少女と黒王子』
  • 映画『億男』
  • 映画『となりの怪物くん』

31日間無料トライアル中!

今日登録すると
11月16日まで無料視聴可能

 

この記事の情報は、2021年6月現在のものです。
最新情報はU-NEXT公式サイトをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました