ドラマ『14才の母』の動画を無料視聴できる方法!dailymotionやpandoraでも見れる?

志田未来さん主演ドラマ『14才の母』の動画無料配信しているサイトについてまとめています。

『14才の母』はHuluの独占配信作品です。

 

2週間無料トライアル中

今日登録すると

10月30日まで無料視聴可能

 

『14才の母』の動画が配信されている公式動画サイトは?

配信状況配信サイト無料トライアル期間
(独占見逃し) width=
Hulu
2週間
× width=
U-NEXT
31日間
× width=
FOD
2週間
× width=
Paravi
2週間
× width=
dTV
31日間
×
TSUTAYA DISCAS
30日間
× width=
WATCHA
31日間
× width=
DAZN
1ヶ月
× width=
DISNEY+
31日間
× width=
NETFLIX
無し
× width=
楽天TV
31日間
× width=
Amazonプライム
30日間

 

『14才の母』の1話から最新話までの動画が配信されているのは、Huluだけです。

 

 

 
dailymotionpandoraなど様々な無料動画共有サイトがありますが、公式配信ではない動画は、無断アップロードされた違法動画です。

この違法動画はダウンロードすることも、著作権法違反となります。

動画を視聴するだけなら。。というのも現在では”限りなく黒に近いグレー”ですが、今後違法になる可能性があります。

また、ウイルス感染の危険があります。 動画共有サイトで視聴される場合は、自己責任でご視聴ください。

 

2週間無料トライアル中

今日登録すると
10月30日まで無料視聴可能

 

『14才の母』の動画をHuluで視聴する方法

『14才の母』の動画が配信されているHuluの登録は簡単です。

2週間無料トライアル中なので、今日登録すると、10月30日まで動画を無料で楽しむことができます。

また、『14才の母』の動画だけでなく、様々な動画が無料で視聴できます。

ダウンロード機能もありますので、場所を問わず動画が視聴できます。

無料トライアル期間2週間
月額料金(税込)¥1,026
ポイント付与2週間
コンテンツ数70,000本以上
課金制度
ダウンロード視聴△(一部対象外)
対応デバイスPC
スマホ・タブレット
テレビ
PS4・PS5
ブルーレープレーヤー(DIGA)
登録可能アカウント数6アカウント
同時視聴1台
運営日本テレビ

Huluの登録方法と解約方法

 

登録方法
  1. こちらからHuluにアクセスし、『今すぐ無料でおためし』をタップします。
  2. Eメールアドレスを入力します。
  3. 登録したEメールに届いた確認コード・お客様情報・支払方法を入力します。
  4. 『~で登録してトライアルを開始』
  5. トップページに移行すると登録完了です。

2週間無料トライアル中

今日登録すると

10月30日まで無料視聴可能

解約方法
  1. こちらからHuluアカウントページに、ログインします。
  2. アカウントページが表示されますので、『解約する』をタップします
  3. 【ご解約の前に】と表示されますので、画面の下の方に進み『解約ステップを進める』をタップします。
  4. アンケートが表示されますので、任意で答えてください。
    『解約する』をタップすると、解約完了となります。
  5. 解約手続きが出来ているか確認されたい場合は、アカウントページを開くと『まもなくご契約が解除されます。』と表示されていれば、手続きは完了です。
    この表示が出ている間は、サービスの利用が可能となっています。
以下の登録方法は、アカウントページからの解約ができません
  • iTunes Store 決済
    ※次回請求日の24時間前までに手続きを完了する必要があります。
  • Amazon アプリ内決済
  • Mineoオプションサービス
  • BB.exciteオプションサービス
  • ケーブルテレビ決済
  • eoオプションサービス
それぞれの解約方法はこちらをご覧ください。

 

『14才の母』の情報

      • 放送回…全 11 話
      • 放送局… 日本テレビ
      • 放送期間… 2006年10月11日~12月20日
      • 脚本… 井上由美子
      • 原作… 無し(オリジナルストーリー)

『14才の母』の視聴率

  • 1話  …  19.70%
  • 2話  …  16.80%
  • 3話  …  18.30%
  • 4話  …  19.40%
  • 5話  …  17.30%
  • 6話  …  16.70%
  • 7話  …  18.40%
  • 8話  …  17.30%
  • 9話  …  16.70%
  • 10話  …  21.10%
  • 11話  …  22.40%

主題歌  Mr.Children「しるし」

『14才の母』のキャスト

 

  • 一ノ瀬 未希(いちのせ みき)〈14〉 …  志田未来
  • 一ノ瀬 加奈子(いちのせ かなこ)〈43〉 …  田中美佐子
  • 一ノ瀬 忠彦(いちのせ ただひこ)〈45〉 …  生瀬勝久
  • 一ノ瀬 健太(いちのせ けんた)〈11〉 …  小清水一揮

 

  • 三井 マコト(みつい マコト)〈33〉 …  河本準一(次長課長)
  • 三井 ひな子(みつい ひなこ)〈28〉 …  金子さやか

 

  • 桐野 智志(きりの さとし)〈15〉 …  三浦春馬
  • 桐野 静香(きりの しずか)〈48〉 …  室井滋

 

  • 的場 春子(まとば はるこ)〈52〉 …  高畑淳子
  • 桃田 ヒロミ(ももた ヒロミ)〈27〉 …  西野妙子
  • 遠藤 香子(えんどう かおるこ)〈25〉 …  山口紗弥加
  • 原口 和明(はらぐち かずあき)〈28〉 …  井坂俊哉
  • 中谷 栄三(なかたに えいぞう)〈58〉 …  小野寺昭
  • 猪原 光江(いのはら みつえ)〈50〉 …  長谷川稀世
  • 柳沢 真由那(やなぎさわ まゆな)〈15〉 …  谷村美月
  • 久保田 恵(くぼた めぐみ)〈14〉 …  北乃きい
  • 長崎 さやか(ながさき さやか)〈14〉 …  小池里奈
  • 上田 はる …  波瑠
  • 波多野 卓(はたの すぐる)〈38〉 …  北村一輝
  • 稲葉 真也(いなば しんや)〈21〉 …  宮下雄也

 

『14才の母』のあらすじ

 全体 のあらすじ

私立中学に通う中学2年・14歳の一ノ瀬未希(志田未来さん)は、両親・弟の一般的な四人家族で、

成績はあまりよくないものの、友達にも恵まれ、幸せな日々を送っていました。

しかし、そんな未希の生活は一変します。

同じ塾に通う1歳年上の彼氏・桐野智志(三浦春馬さん)との間に、子供ができたのです。

周囲からは出産に反対されますが、両親から自分が生まれた時の話を聞き、『おなかの子に会いたい』と生むことを決意します。

智志には、迷惑をかけたくないという思いから別れを告げます。

周囲からの好奇の目や、週刊誌にスクープされるなど、未希には様々な壁が立ちはだかります。

 

 1話 『 中学生の妊娠…ごめんね、お母さん 』のあらすじ

あらすじ
一ノ瀬未希(志田未来さん)は、名門私立中学校に通う明るく活発な中学2年生です。
一ノ瀬美希は、叔父のマコト(河本準一さん)のエレキギターショップで、同じ塾の仲間で、別の公立男子中学校に通っている桐野智志(三浦春馬さん)とよく会っています。
ある日、一ノ瀬美希と桐野智志が川の前にある野原で話していると、子犬が橋から川に落ちそうになっているのを見つけます。
一ノ瀬美希は、子犬を助けようと橋まで行きますが、一ノ瀬美希も橋から落ちそうになってしまいます。
一ノ瀬美希を助けようと、桐野智志も橋の方に行きますが、子犬が急に吠えたため、驚いて2人とも川へ落ちてしまいます。
川が浅く、2人は笑い合います。
ある日の夕方、桐野智志が、母(室井滋さん)にもらった5万円を使おうと一ノ瀬未希を誘い、ゲームセンターへ行きます。
街で転校生の柳沢真由那(谷村美月さん)等の不良に絡まれ、2人は、夜の公園へ逃げ込みます。
そこで、死んでもいいと話す桐野智志を、一ノ瀬美希は慰め、2人は一線を超えてしまいます。
2ヶ月後、一ノ瀬美希は、体に異変を感じ…。

 2話 『 お前なんかもう娘じゃない 』のあらすじ

あらすじ
妊娠に気づいた一ノ瀬美希(志田未来さん)は、1人で産婦人科を訪れるが、勇気が出ず、診察を受けずに帰ってきてしまいます。
一ノ瀬美希は、お腹の子の父親である桐野智志(三浦春馬さん)にも、妊娠した事実を打ち明けられず、元気なフリをします。
そんな中、一ノ瀬美希の部屋で、母・加奈子(田中美佐子さん)は、妊娠検査薬を発見してしまいます。
その頃、学校では、親友・久保田恵(北野きいさん)等が、一ノ瀬美希の様子がおかしいことに気づき始めますが、一ノ瀬美希は、誰にも相談できません。
ある日、学校で柳沢真由那(谷村美月さん)と一ノ瀬美希が、大喧嘩になり、母・加奈子は、学校に呼び出されます。
一ノ瀬美希と一緒に帰宅した母・加奈子は、妊娠のことを一ノ瀬美希に問い詰め、妊娠の事実を認めます。
そんな一ノ瀬美希を、母・加奈子は、自分が一ノ瀬美希を産んだ産婦人科・的場クリニックへ連れて行くことにします。
的場クリニックで、産婦人科医・的場春子(高畑淳子さん)から、14歳での出産がどれだけ大変なものか聞かされます。
仕事から帰宅した父・忠彦(生瀬勝久さん)にも一ノ瀬美希の妊娠の事実を告げます。
父・忠彦は、泣き出し、怒鳴りながら、桐野智志を家に呼べと言います。

 3話 『 さよなら…わたしの赤ちゃん 』のあらすじ

あらすじ
周囲に出産することを反対された一ノ瀬美希(志田未来さん)は、お腹の子の父親である桐野智志(三浦春馬さん)の気持ちを聞こうと、呼び出します。
一ノ瀬美希は、桐野智志に、好きだという気持ちを伝え、桐野智志も同じ気持ちであることを知り、妊娠したことを告げると、1日真剣に考えたいと話します。
そんな中、一ノ瀬美希の母・加奈子(田中美佐子さん)、父・忠彦(生瀬勝久さん)は、桐野智志の母・静香(室井滋さん)のもとを訪れ、一ノ瀬美希の妊娠とお腹の子の父親が桐野智志だと告げます。
受け入れられない静香は、息子は関係ない、ふしだらなお嬢さんだと言われ、怒りながら帰ります。
学校では、一ノ瀬美希の様子に不思議がる親友・久保田恵(北野きいさん)に、妊娠したことを告げると、思いもせぬ反応に反発してしまいます。
そんな中、桐野智志を待っていた一ノ瀬美希に、桐野智志から電話があり、待ち合わせに行けず、出産するのは賛成できない、好きだけど、子供は忘れるしかないと告げます。
一方、静香の取材をしていた雑誌編集者・波多野卓(はたのすぐる)(北村一輝さん)は、異変に気づき始めます。

 4話 『 約束…私は、もう泣かない 』のあらすじ

あらすじ
中絶手術の直前に、産婦人科から逃げ出した一ノ瀬未希(志田未来さん)を捜し出した母・加奈子(田中美佐子さん)は、出産するのは、絶対に反対だと告げます。
そんな中、父・忠彦(生瀬勝久さん)は、桐野智志に会い、泣きながら中絶手術を受けることになったと話す忠彦を目にし、罪悪感を持ち、二度と一ノ瀬美希に会わない約束をします。
一方、桐野智志の母・静香(室井滋さん)は、桐野智志を海外留学に行かせることを勝手に決めます。
出発の日、桐野智志は、一ノ瀬美希の叔父・マコト(河本準一さん)にしばらく会えなくなる、会えてよかったと伝言を頼みます。
伝言を聞いたマコトは、何かあったと悟り、すぐに一ノ瀬美希に伝えます。
一方、学校では、久保田恵(北野きいさん)が学校に一ノ瀬美希の妊娠がバレるように仕向けます。
翌日、学校に呼び出された加奈子は、教師たちから質問攻めにあうが、中絶手術を受け、今後は責任を持って監督するから、退学だけは許してほしいと頼みます。
しかし、一ノ瀬美希は、退学し、子供を育てると宣言します。

 5話 『 バイバイ…初恋が死んだ日 』のあらすじ

あらすじ
職員会議では、一ノ瀬美希の担任・遠藤香子(えんどう かおるこ)(山口沙也加さん)が、みんなの前で子供を産むと宣言した一ノ瀬美希(志田未来さん)の退学の話を進めています。
一方、海外へ旅立とうと空港にいた桐野智志(三浦春馬さん)は、母・静香(室井滋さん)に、心も体も傷ついた一ノ瀬美希を放って、自分だけがやり直すのは間違っていると言い残し、静香の前から姿を消します。
一ノ瀬未希は、母・加奈子(田中美佐子さん)、父・忠彦(生瀬勝久さん)と一緒に、的場クリニックを訪ね、改めて14歳での出産は、命の危険が伴う可能性があることを説明されます。
それでも産むという強い意志を見せる一ノ瀬美希に、母・加奈子は、気持ちが揺れ始めますが、父・忠彦は、断固として出産を認めません。
一方、静香は、桐野智志がいなくなったため、一ノ瀬美希の家に乗り込みます。
そこで、静香は、一ノ瀬美希が出産することを決めたと知り、激怒します。
帰宅し、桐野智志の部屋を片付ける静香のもとに、雑誌編集者・波多野卓(北村一輝さん)が、桐野智志が妊娠させたことを書いたゲラ刷りを持っていきます。

 6話 『 私にも母子手帳くれますか 』のあらすじ

あらすじ
退学を考える一ノ瀬美希(志田未来さん)に、担任・遠藤香子(山口沙也加さん)は、学校に通える術を考えると言います。
一方、雑誌編集者・波多野卓(はたのすぐる)(北村一輝さん)の出した雑誌により、一ノ瀬美希の妊娠は、世間に知られることになります。
一ノ瀬美希は、つわりが始まり、そろそろ中絶手術はできない週数になると告げられ、改めて出産を強く決意します。
ファミレスに勤める加奈子は、常連客である波多野卓から、一ノ瀬美希の週刊誌を書いたのは、自分だと告げられ、いい加減なことを書かないでくれと抗議します。
桐野智志(三浦春馬さん)の母・静香(室井滋さん)は、一ノ瀬美希の家に再び現れ、出産を考え直して欲しいと説得します。
そんな中、一ノ瀬美希は、弟・健太(小清水一揮)が自分のせいで学校でいじめにあっていることを知り、父・忠彦と母・加奈子にも迷惑がかかることを恐れ、叔父・マコト(河本準一さん)のもとにおいて欲しいと言います。
しかし、加奈子は、家を出たとしても、14歳で生まれた子は、14歳で生まれた子という事実は変わらない、綺麗事を言っても仕方ないので、4人で踏ん張って生きていくしかないと一ノ瀬美希に言います。

 7話 『 お金で未来は買えますか? 』のあらすじ

あらすじ
母子手帳をもらいに行った一ノ瀬美希(志田未来さん)は、職員に驚かれるが、無事母子手帳を受け取ります。
一ノ瀬美希の担任・遠藤香子(えんどうかおるこ)(山口沙也加さん)が一ノ瀬美希の休学が認められたことを一ノ瀬美希に知らせに来ます。
他の生徒たちに受け入れられないだろうと、通えるか不安だと話します。
そんな中、桐野智志(三浦春馬さん)の母・静香(室井滋さん)が桐野智志が父親であるという認知請求をしなければ、慰謝料を支払うと書かれた誓約書を送りつけてきます。
誓約書の内容に母・加奈子(田中美佐子さん)、父・忠彦(生瀬勝久さん)は、憤慨するも、父・忠彦は、誓約書にサインはするが、慰謝料は受け取りたくないと話し、一ノ瀬美希は、賛成します。
一方、的場クリニックの母親学級に参加した一ノ瀬美希は、子供を産んで育てていくには、お金が必要だと学び、どうすれば良いのか考えます。
母親学級の帰り、バスの中で一ノ瀬美希は、橋の上にいる桐野智志を見かけ、バスから声をかけます。
そんな中、叔父・マコト(河本準一さん)は、クリスマスパーティーを開き、一ノ瀬美希と桐野智志を会わせてあげようと計画します。

 8話 『 二つの命…どちらを選ぶ? 』のあらすじ

あらすじ
倒れた一ノ瀬美希(志田未来さん)は、体に異常があるため、的場クリニックに入院することになります。
一方、桐野智志の母・静香(室井滋さん)の会社が倒産することになり、桐野家の前には、債権者やマスコミが押し寄せ、ホテルに逃げています。
毎晩寝ずに、電話で頭を下げている静香の姿を見て、桐野智志は、雑誌編集者・波多野卓(はたのすぐる)(北村一輝さん)に、自分たちの居場所を記事にして、母を助けて欲しいと頼みます。
波多野卓は、桐野智志の依頼を断り、一ノ瀬美希が入院したことだけを伝えます。
一方、静香は、またしてもマスコミ等から逃げようと、次は名古屋に行く準備を始めます。
そんな静香の姿を見て、桐野智志は、今までの生活を捨てて幸せになりたいと話すが、子供を産んでもどうせ後悔すると言い放ち、桐野智志は、自分を産んで後悔したのかと、ショックを受けます。
ある日、一ノ瀬美希は、ベビー服を買いに行きます。
たまたまその様子を見かけた波多野卓の前で、バスを待つ一ノ瀬美希は、急激な腹痛に襲われ、倒れてしまいます。

 9話 『 出産・命をかけた24時間 』のあらすじ

あらすじ
予定日よりも1ヶ月も早く陣痛がきた一ノ瀬美希(志田未来さん)は、波多野卓(はたのすぐる)(北村一輝さん)の助けで、的場クリニックに到着します。
的場春子(高畑淳子さん)、は自然分娩を決意し、一ノ瀬美希はお腹の激しい痛みを試練だと思い、耐え続けます。
一ノ瀬美希が出産間近であることを学校にも伝えられ、学校では、生徒たちに赤ちゃんが生まれたら伝えるべきかを職員会議で話し合うことになります。
母・加奈子(田中美佐子さん)が必死に励ます中、父・忠彦(生瀬勝久さん)は、あまりにも苦しんでいる一ノ瀬美希の様子に不安を隠せません。
様子がおかしいと感じた加奈子が慌てて的場春子を呼ぶと、赤ちゃんの胎動が停止しており、早期胎盤剥離を起こしていることがわかります。
赤ちゃんも危険な状態にあり、一ノ瀬美希は、大病院に移され、帝王切開することになり、救急車で運ばれます。
運ばれている最中、「キリちゃん」と桐野智志のことを叫び続けていたため、忠彦は、一ノ瀬美希に桐野智志を会わせてあげようと、桐野智志の居場所を聞きに、波多野卓のもとを訪れます。

 10話 『 もう一度笑って… 』のあらすじ

あらすじ
帝王切開により、出産を終えた一ノ瀬美希(志田未来さん)だが、出血が止まらず、意識も戻らす、危険な状態にあります。
赤ちゃんも危険な状態にあり、新生児集中治療室に運び込まれます。
一方、波多野卓(はたのすぐる)(北村一輝さん)から、静香(室井滋さん)等の居場所を聞き出した忠彦(生瀬勝久さん)は、荒れ果てたアパートに入り、変わり果てた静香の姿に驚きます。
そして、一目でいいから一ノ瀬美希にあって欲しいと頼むが、逃げ続けることに疲れ、荒れ果てていた桐野智志(三浦春馬さん)は、乱暴な言葉を吐き捨て、忠彦を追い出します。
しかし、忠彦の言葉が引っかかる桐野智志は、一ノ瀬美希のいる病院へ向かいます。
命懸けで出産し、まだ意識の戻らない一ノ瀬美希の姿を一目見て、今は会えないと桐野智志は帰ろうとするが、赤ちゃんに会って欲しいと言われ、NICUに向かうと、とても小さいけれど、頑張って生きている赤ちゃんの姿を目にします。
帰宅すると、静香に赤ちゃんを見てきたことを報告し、中学を出たら、働いて赤ちゃんにお金を送りたいと言い始めます。

 11話 『 涙の最終回スペシャル…命ってなに? 』のあらすじ

あらすじ
一ノ瀬美希(志田未来さん)は、保育器にいる小さな自分の子供にそらという名前をつけました。
一方、加奈子(田中美佐子さん)は、ご祝儀を渡して消えた静香(室井滋さん)が気になって仕方がありません。
忠彦(生瀬勝久さん)に静香の居場所を聞き、訪ねてみると、お風呂場で薬を飲んで自殺を図った静香が倒れていました。
そんな中、一足先に退院が決まった一ノ瀬美希は、容態が急変したそらのもとを離れられません。
そらは、自分のもとに生まれたくなかったのではないかと不安になる一ノ瀬美希のもとに、桐野智志が卒業証書を持って、やってきます。
高校には行かず、働き、子供に少しでもお金を送りたいと言う桐野智志に驚きが隠せない一ノ瀬美希。
2人でそらに会いに行くと、2人が離れようとした瞬間に初めて泣いたそらを見て、感動します。
しかし、家に戻ってきた一ノ瀬美希は、世間の冷たい態度を目の当たりにし、厳しい現実を突きつけられます。
一方、桐野智志と一ノ瀬美希が、忠彦、加奈子、静香、健太の前で、2年後に結婚したいと言います。

『14才の母』の感想

30代 女性 の感想
《 おすすめ度: 4 out of 5 stars 》

ドラマ名の通り14歳中学2年生の少女が妊娠してしまうことからストーリーがはじまります。どこにでもいる普通の女の子がどこにでもいる普通うの男の子との間に子供を宿してしまいます。当然親は堕しなさいと説得するのですが少女は母親になりたいと言い産む決意をします。しかし14歳の子が妊娠したという噂はたちまち近所や学校に広がり肩身の狭い思いもするのですがそれでも自分の決めたことだからと最後まで妊娠を継続します。いよいよ出産という時まだ少女で体の発育が未発達のため出産がスムーズにいかず少女は数日間意識がない状態が続きました。少女は数日後目を覚まし子供も無事でした。しかし少女はこれからは母親として生きていかなくてはならないのです。ですが家族の支えがあって少女は母親としてこの先の人生を歩んでいくのでした。私がこの少女の母親だったら絶対に赤ちゃんは諦めさせるのにこの両親は最初こそは猛反対したものの、最後は少女の決意を受け入れ一緒に育てていく姿には親の強さを感じました。

50代 女性 の感想
《 おすすめ度: 4 out of 5 stars 》

普通の14才の女の子が、妊娠をし、親のすすめで、中絶をする事にしようとしたが、産みたいとゆう気持ちになり、子供を生むストーリーですが、これからの子供の人生などを考えてしまうと、親が反対をする気持ちも分かる。まだ、14才なので、しょうがないですが、相手の男の子のはっきりしない態度に、イラつきました。男の子の母親が、少し台詞が違うのかもしれませんが、皆と違う事をすると、世間の目が冷たい事を、私は、知っているみたいな台詞が、今でも印象に残っています。中絶に、反対も賛成もできませんが、実際の生活は、若くなくても、子育ては大変だと思うので、その時の気持ちも大事ですが後悔しないようにした方がいいとは思います。何年もたってから、産んで幸せと思えたら一番いいのでしょうが。

50代 女性 の感想
《 おすすめ度: 4 out of 5 stars 》

未希は付き合っている彼の子供を妊娠してしまいますが、彼女がまだ14歳というのが衝撃でした。14歳という年齢を考えると当然周囲の大人たちは中絶をすすめます。彼氏である智志も最初は頼りなく彼女が可哀そうになりました。しかし彼女の子供を産みたいと言う気持ちに両親が受け入れてくれます。しかも智司に迷惑を掛けないように彼女が別れを告げる所は何だか切なくなって行きました。彼女が母親になるために強くなる姿を見た智司も強くなりが高校に行かず働くと言う決断をした時には感動しました。最初は理解されず可哀そうでしたが周りの人が段々と理解してくれ応援する人が増えてとても安心しました。いろいろな意味で考えさせられました。

Huluのおすすめ配信情報

志田未来さん出演作品

三浦春馬さん出演作品

  • 映画『君に届け』
  • 映画『サムライ・ハイスクール』
  • 映画『こんな夜更けにバナナかよ』
  • ドラマ『TWO WEEKS 』
  • ドラマ『わたしを離さないで』
  • ドラマ『ブラッディ・マンディ』

この記事の情報は、2021年4月現在のものです。
最新情報はHulu公式サイトをご覧ください。

2週間無料トライアル中

今日登録すると

10月30日まで無料視聴可能

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました