『ラストクリスマス』の無料動画(1話~最終話)を視聴する方法!dailymotionやpandoraでも配信してる?

織田裕二さん主演ドラマ『ラストクリスマス』の動画無料配信しているサイトについてまとめています。

『ラストクリスマス』の動画はFODで配信されています。

2週間無料トライアル中!

今日登録すると
10月06日まで無料視聴可能

 

『ラストクリスマス』の1話から最終回までの動画が配信されている公式動画サイト

 

配信状況配信サイト無料トライアル期間
 width=
FOD
2週間
(レンタル)
TSUTAYA DISCAS
30日間
 width=
Hulu
2週間
 width=
U-NEXT
31日間
 width=
Paravi
2週間
 width=
dTV
31日間
 width=
楽天TV
31日間
 width=
Amazonプライム
30日間
 width=
WATCHA
31日間
 width=
DAZN
1ヶ月
 width=
DISNEY+
31日間
 width=
NETFLIX
無し

『ラストクリスマス』の1話から最終回までの動画が配信されているサイトは様々ありますが、FODがおすすめです。

ドラマのオリジナルストーリーなども多数配信されています。

また、雑誌やマンガの読み放題作品も多数あります!

 

 
dailymotionpandoraなど様々な無料動画共有サイトがありますが、

公式配信ではない動画は、無断アップロードされた違法動画です。

この違法動画はダウンロードすることも、著作権法違反となります。

動画を視聴するだけなら。。というのも現在では”限りなく黒に近いグレー”ですが、

今後違法になる可能性があります。

また、ウイルス感染の危険があります。

動画共有サイトで視聴される場合は、自己責任でご視聴ください。

 

2週間無料トライアル中!

今日登録すると
10月06日まで無料視聴可能

『ラストクリスマス』の動画をFODで視聴する方法

『ラストクリスマス』の動画が配信されているFODの登録は簡単です。

 

2週間無料トライアル中なので、今日登録すると、10月06日まで動画を無料で楽しむことができます。

また、『ラストクリスマス』の動画だけでなく、様々な動画や雑誌・コミックスが無料視聴できます。

無料トライアル期間2週間
月額料金(税込)¥977
ポイント付与最大1,300pt
コンテンツ数動画 約20,000本

雑誌 約130誌
課金制度
ダウンロード視聴×
対応デバイスPC
スマホ
タブレット
テレビ
同時視聴×
運営フジテレビ

登録方法と解約方法

登録方法

初回2週間無料キャンペーンは、「クレジットカード決済」「Amazon Pay」「iTunes Store決済」で登録された方が対象となります。
それ以外の決済方法では、適応されませんのでご注意ください。

アプリからの登録方法
  1. アプリをダウンロードします。
  2. 『FODプレミアム:ログイン/新規会員登録はこちら』をタップします。
  3. FODアカウントを作成します。
    メールアドレスとパスワードを入力して、『決済画面に進む』をタップします。
    《登録されたアドレスにメールが届きます。これでアカウントが作成されました。》
  4. FODプレミアム(月額コース)に登録します。
    『利用規約おとびプライバシーポリシーに同意する』にチェックを入れて、『同意して決済手続きを進める』をタップします。
  5. お支払い方法を選択します。
    ※2週間無料トライアル期間中に解約すれば、月額料金は発生しません。

これで登録完了です。

WEBサイトからの登録方法
  1. こちらから公式サイトにアクセスします。
  2. 『会員登録』または、『今すぐはじめる』をタップします。
  3. FODアカウントを作成します。
    メールアドレスとパスワードを入力して、『決済画面に進む』をタップします。
    《登録されたアドレスにメールが届きます。これでアカウントが作成されました。》
  4. お支払い方法を選択し、『次に進む』をタップします。
    ※2週間無料トライアル期間中に解約すれば、月額料金は発生しません。
  5. 各決済情報を入力します。

※無料トライアルが適応されるのは、「クレジットカード決済」「Amazon Pay」「iTunes Store決済」でのお支払いのみです。

これで登録完了です。

解約方法
iTunes Store決済(iPhone/iPad)

FOD内では解約できません。

  1. iPhone/iPadの『設定』の『名前』をタップします。
  2. 『iTunesとApp Store』をタップします。
  3. 『AppleIDを表示』をタップします。
  4. 『サブスクリプション(または登録)』をタップします。
  5. 表示されるコンテンツの中からFODを選択します。
  6. 『サブスクリプション/無料トライアルをキャンセルする』をタップします。
  7. 『確認』を選択します。

これで解約完了です。

iTunes Store決済(Mac)

FOD内では解約できません。

  1. iTunesを開きます。
  2. メニューバーの『アカウント』→『マイアカウントを表示』をタップします。
  3. 設定セクションの『管理』をタップします。
  4. 現在登録されているコンテンツが表示されるので、FODを選択し、『編集』をタップします。
  5. 『登録をキャンセルする』をタップします。

これで解約完了です。

iTunes Store決済(AppleTV)

FOD内では解約できません。

  1. 『設定』の『アカウント』をタップします。
  2. 『登録の管理』をタップします。
  3. 現在登録されているコンテンツが表示されるので、FODを選択し『登録をキャンセルする』をタップします。

これで解約完了です。

Amazon決済
  1. こちらから公式サイトにアクセスします。
  2. マイメニューより『月額コースの確認・解約』をタップします。
  3. 解約したいコースの『解約する』をタップします。
  4. 解約画面が表示されるので、『解約する』をタップします。

これで解約完了です。

※解約が完了しているか確認したい場合は、マイメニューの『月額コースの確認・解約』を開き、表示が『追加』に変わっていれば、解約手続きは完了しています。

 

クレジットカード決済
  1. こちらから公式サイトにアクセスします。
  2. マイメニューより『月額コースの確認・解約』をタップします。
  3. 解約したいコースの『解約する』をタップします。
  4. 解約画面が表示されるので、『解約する』をタップします。

これで解約完了です。

※解約が完了しているか確認したい場合は、マイメニューの『月額コースの確認・解約』を開き、表示が『追加』に変わっていれば、解約手続きは完了しています。

『ラストクリスマス』の情報

  • 放送回…全 11 話
  • 放送局… フジテレビ
  • 放送期間… 2004年10月11日~12月20日
  • 脚本… 坂元裕二
  • 原作… 無し(オリジナルストーリー)
  • 主題歌 …「ウェイク・ミー・アップ・ゴー!ゴー!」織田裕二 with ブッチ・ウォーカー

『ラストクリスマス』の視聴率

  • 1話  …  22.30%
  • 2話  …  21.10%
  • 3話  …  20.30%
  • 4話  …  20.90%
  • 5話  …  25.30%
  • 6話  …  21.90%
  • 7話  …  19.00%
  • 8話  …  20.20%
  • 9話  …  22.20%
  • 10話  …  20.80%
  • 11話  …  22.90%

 

『ラストクリスマス』のキャスト

 

  • 春木 健次〈36〉 … 織田裕二
  • 青井 由季〈24〉 … 矢田亜希子
  • 日垣 直哉〈26〉 … 玉木宏
  • 葉山 達平〈23〉 … 森山未來
  • 藤沢 律子〈26〉 … 片瀬那奈
  • 高瀬 彩香〈23〉 … MEGUMI
  • 須藤 恭子〈22〉 … 田丸麻紀
  • 本山 美樹〈26〉 … 坂下千里子
  • 塚本 信輔〈25〉 …  坂本雄吾
  • 柴田 幸子〈34〉 … りょう
  • 白河 仁美〈33〉 … 桜井幸子
  • 新谷 伍郎〈36〉 … 伊原剛志
  • 春木 貴子〈60〉 … 加賀まりこ
  • 澤口 孝太郎〈70〉 … 児玉清

 

『ラストクリスマス』のあらすじ

 全体 のあらすじ

2004年のクリスマス。

青木(織田裕二さん)は、とある外国の雪原を歩いていました。

現地の案内人は、日本人が一人で来るのが初めてだと不思議そうです。

青木は一人で来たのではないと言い、バッグからきれいな包装紙に包まれた箱を取り出し、包みを開け始めます。

3か月前・2004年秋。

青木は、ニュージーランドのゲレンデにいまいした。

勤務するハートスポーツが主催するスノーボード大会が終わり、一息ついていました。

そこに、ハートスポーツの取締役で大学時代からの友人である新谷伍郎(伊原剛志さん)から車が故障し動けないと連絡が入ります。

伍郎は、一緒にいた秘書の青井由季(矢田亜希子さん)がヒールをはいているからと、車を呼ぶよう頼みます。

青木が帰宅すると、隣室の引っ越しが行われており、たまたま作業員が落とした写真を目にします。

その写真は、暴走族のレディースの集合写真でした。

元レディースが引っ越してきたと驚く青木でしたが、さらにその人物が青井だと知り、言葉を失います。

 1話 『 秘密の二人 』のあらすじ

あらすじ
2004年のクリスマス、
36歳の青木(織田裕二)は雪原を案内人を連れた青木ですが、案内人は複数ならまだしも1人で来たことに驚きを隠せないでいました。
青木はその場で持ち合わせた袋から何かを取り出そうとしています。
時は遡り、2004年の秋。
ニュージーランドにいた青木は会社主催のイベントが終わりひと段落していました。
終わった安堵からか葉山(森山未来)を誘うとする中で伍郎(伊原剛志)から連絡が入り、急いで向かいます。
伍郎は取締役でありながら友人でもあったのです。
青木が到着すると車の故障で伍郎はその場に立ち尽くしていました。
車を呼ぼうにも青井(矢田亜希子)がヒールを履いていたため歩くことをしなかったのです。
後日、青木の住んでいるマンションの隣に女性が引っ越してきます。
引っ越し員が誤って落とした写真からレディースが住人だと判明し、慌てて葉山(森山未来)に連絡します。
ふと住人の姿が目の前に現れた青木は衝撃を受けます。
それは青井だったのです。
隣から壁を叩く音を聞いたことで、以前見た青井の風貌では考えられない行為に立ち尽くしてしまいます。
そんな事態に出勤した途端に葉山に相談するのでした。
そして派遣されて来た社員高瀬(MEGUMI)の以前勤めていた会社でのことも耳にしてしまいます。

 2話 『 奇跡の夜 』のあらすじ

あらすじ
青木(織田裕二)は急なノックの音で起こされ、相手は青井(矢田亜希子)だったのです。
理由はシャワーが壊れたことから借りようと朝早くに青木を叩き起こしたのです。
そんな勢いにやられ、貸してやることにするも相変わらずの我儘っぷりでシャンプーを家から持って来て欲しいとまで言われるも断ることが出来ない青木でした。
青井の家には病気を告白したテープが置かれていたことに青木は自分には病気が治ったのだと話していたのです。
その時、葉山(森山未来)と高瀬(MEGUMI)が青木の迎えにやって来てしまったことで青井と遭遇してしまいます。
青木とは反対に青井は微動だにしませんでした。
葉山が青井に手を出したことを詰められ、伍郎との話を思い出していました。
青井に伍郎と話をつけたのかと聞くも、否定されてしまいます。
そんな日の業務は、柴田(りょう)との打ち合わせで水族館のチケットを2枚セットで手渡されます。
たまたまレストランで青木は青井と遭遇し伍郎(伊原剛志)との恋を進展させてほしいと頼みます。
そこで青井は柴田を交えてデートの提案をします。
デート当日、現れた伍郎の服装はまさに話していた通りのダサいファッションだったのです。
伍郎のテンションに青井の気分はダダ下がりです。

 3話 『 涙の抱擁 』のあらすじ

あらすじ
スキーのスーパースターの来日が決まる中、そのための準備をする青木(織田裕二)ですが、他の社員たちは打ち上げをしていました。そのため話も出来ない状況でもありました。
一方、葉山(森山未来)は彼女に貢がされたことで青木に助けを求めに来ていました。
直哉(玉木宏)は青木に青井(矢田亜希子)が直哉を好きだったことを知らさせたことを青井に直接言いに来ます。
しかし、青井はそんなことはないと反論します。
企画の挨拶が始まり、直哉が前向きなことを話すも律子(片瀬那奈)はこれが最後だと皆の前で言い放っていました。
青木は青井の勢いに負けてまたドアを開けたと共に律子の結婚について話すのでした。
青井の言う通り、ゴキブリの駆除に駆り出された青木は青井の部屋で直哉が手掛けたコースターを目にします。
青井は青木と柴田(りょう)の恋模様の方が気にするのでした。
進展がないという青木に青井は騙されているのではと言い、告白を進めていました。
葉山のことを心配していた青木は後日、通りかがった青井に相談すると高瀬(MEGUMI)に別の男性を紹介するばよいと提案されます。
そこで伍郎(伊原剛志)を思い出し、葉山にも頼まれたことから高瀬とのセッティングを試みるのでした。

 4話 『 幸せの絆 』のあらすじ

あらすじ
編集者と打ち合わせをしている青木(織田裕二)の前に伍郎(伊原剛志)が眼帯のまま現れます。
酔っぱらってい何も覚えていないが杉村(勝村政信)に殴られて付けられたあざだったのです。
青木の代わりに殴られていたものの青木は柴田(りょう)の旦那が杉村だということにピンと来ていない様子でした。
青井(矢田亜希子)は青木を呼び出し、青井の策略により血痕していることを本人から聞かされるのでした。
そんな青木に青井は助言として失敗しないようにとアドバイスするも、あきらめないように励まされます。
遂にロッシの来日、柴田の番組に出演するロッシをフォローする中、合間を見て柴田のほうから食事に誘われます。
青井もいる場で結婚の報告と離婚の話を柴田から聞かされる青木は何も言えないでいると杉村が家にまで訪ねてきたのです。
柴田を家に隠し、慌てて青木と青井は夫婦役に徹し杉村を招き入れます。
そして杉村に柴田が家を出た理由を聞く中で、自分の浮気が原因だと話す間際に隠れていた柴田が出てきて、杉村に向かって苛立ちをぶつけます。
結果、杉村と柴田は泊まることになり、離婚した後のことを青木に託すのです。
しかし、青木は心の中で柴田は離婚はしたくないはずだと思っていたのでした。

 5話 『 輝くキス 』のあらすじ

あらすじ
いつものレストランで会議が行われるも青木(織田裕二)は青井(矢田亜希子)が近くにいるだけで気になってしまいます。
それは青井が寄り添ってきたからでした。
また柴田(りょう)からも青井を好いているのではと勘違いされてしまいます。
下見のためにきたスキー場で2人でゴンドラに乗ることになり、青井の方から気にしないでほしいと伝えるのでした。
そんな中でも宴会は始まり、相変わらず伍郎(伊原剛志)は騒ぐ中直哉(玉木宏)と律子(片瀬那奈)の仲に亀裂が走っていることを青井は見逃しませんでした
葉山(森山未来)が温泉に入ろうとするも高瀬(MEGUMI)が先に入っていたため、去ろうとするも高瀬に捕まり伍郎を落とすことを伝えられるのです。
しかも高瀬にお膳立てするよう命令されてしまい、断れない葉山は仕方なく承諾します。
早速、葉山の準備のもと高瀬と伍郎がキスをしようとした時、
塚本(坂本雄吾)が伍郎を連れ出してしまいます。
なぜか葉山はホッとするのでした。
宿では直哉と律子に進展があります。
直哉は大事そうに持っていた箱から指輪を取り出してプロポーズするのです。
その光景を見た青木たちは呆然としてしまうのでした。
青井も青木に対して思いの丈を伝えていきます。

 6話 『 もう一度 』のあらすじ

あらすじ
オーロラを見に行く約束までした青木(織田裕二)と青井(矢田亜希子)でしたが、これといった展開はありませんでした。
しかし、イエローナイフには2人のピンが刺さっていました。
貴子(加賀まりこ)の見舞いに2人で訪れ関係性を話すことにしました。
貴子も喜び、同窓会に参加したいとのことで外出希望の話をしたのです。
青木はその話を聞いた後で同窓会を装う詐欺の勧告ポスターが貼られていたため驚いてしまいます。
そんな中、直哉(玉木宏)はプロポーズの返事を促すも律子(片瀬那奈)には青井の方が合っていると言われてしまいます。
そんな青井は貴子の話していた忘れない人の話が気になって仕方ありませんでした。
そんな中、葉山(森山未来)は高瀬(MEGUMI)が伍郎(伊原剛志)のことばかり話すのでいい気がしませんでした。
青木が伍郎を連れて店にやってきたので、2人の話を聞く葉山たちですが、伍郎が話していたのは父親のお見合いに参加するという話でした。
また伍郎は父親に高瀬との結婚のことを伝えられないでいました。
葉山は思わず高瀬を励まそうとします。
一方、
社内では直哉の結婚が噂されます。
直哉自身は青井といると安心するのでした。
青井は直哉と律子の関係を取り持とうと自宅に招き入れようとします。

 7話 『 別れよう 』のあらすじ

あらすじ
クリスマスに向けてのキャンペーンを担当している青木(織田裕二)とは反対に律子(片瀬那奈)との関係が拗らせている直哉(玉木宏)にアプローチを受けていた青井(矢田亜希子)でした。
更に青木自身も仁美(桜井幸子)の言葉が気になる中、電話が突然切れたことにも違和感を感じていました。
そんな中、仁美の両親が青木の家を訪れて来たのです。
2人だけではなくその影には赤ん坊もいたことで事態が急変します。
仁美の母が赤ん坊の父は青木だと告げ、青木と青井は衝撃を受けてしまうのです。
仁美の母が訪ねて来たことで、思わず青木の秘書だと嘘をついてしまいます。
仁美は暴力を振るう旦那に苦しい日々を送り、両親は青木に子供の面倒を見てほしいと頼み、子供を残し、去っていってしまいました。
そんな仁美は以前青木と二股をかけており、青木も自分の子供ではないと確信も持っています。
青井も青木を信じていて、イエローナイフのチケットを素直に受け取るのでした。
しかし、青木は残していった赤ん坊の世話にあたふたしています。
一方、葉山(森山未来)は伍郎(伊原剛志)から高瀬(MEGUMI)との交際は真剣だと打ち上けられるのです。
伍郎の元に父親(勝部演之)がお見合い相手を連れてきたのです。
その頃、青木は澤口(児玉清)と遭遇してしまいました。

 8話 『 心の握手 』のあらすじ

あらすじ
早速、青木(織田裕二)はクリスマスのキャンペーンで打ち合わせが行われ、青井(矢田亜希子)との別れ話のことを柴田(りょう)に話すのです。
仁美(桜井幸子)が現れたことを気にしていたため別れ話をされたというも青木は納得はいってませんでした。
しかし柴田も仁美のことを放っておけるのかという言葉に青木は心に刺さるのでした。
一方、伍郎(伊原剛志)はお見合いのことが頭から離れません。
伍郎は葉山(森山未来)に高瀬(MEGUMI)と結婚するよう説得させられていたのです。
そんな伍郎は葉山とボーリング対決をし勝敗に応じてお見合い相手か高瀬と結婚することを決めてしまいます。
青木の部屋にマンション管理人が訪れ、秘密の扉を壊してリフォームするという内容でした。
反対に青井の部屋には借金の取り立てが来ていました。
松田(山口紗弥加)はレディース仲間でありながら松田の借金保証人となっていたのが青井だったのです。
青井は松田に会いに行くも手一杯だと訴えられてしまい、青井は松田を宥めるのでした。
しかし、高瀬は偶然、松田が同僚に借金は自力でも返せると話していたことを耳にするのです。
青木は高瀬から松田の本音を聞き、青井が傷つかないように話すことを約束したのでした。

 9話 『 天使の雪 』のあらすじ

あらすじ
ウインタースポーツ部門からハートスポーツは撤退し伍郎(伊原剛志)たちがテレビに出演することが決まったのです。
伍郎は言いたい放題で紹介すら出来ない状態だったのです。
青木(織田裕二)はふいに青井(矢田亜希子)の部屋に行こうとするも既に扉は閉まっていました。
青井も青木に会いたいと思っていたのかベルを鳴らし青木宅に正規に入ろうとしていました。
そんな時、貴子(加賀まりこ)の病院からの電話が掛かり、貴子の容態が悪化したとのことだったのです。
急いで駆けつけ、青木の代わりに青井が面倒みることになるのです。
しかし、青井は目眩を起こしてしまいます。
出張に来ていた青木に伍郎からの連絡で、高瀬(MEGUMI)との結婚式の出席の依頼でした。
結婚パーティーの支度を伍郎は葉山(森山未来)に託し、律子(片瀬那奈)はニューヨークに行くことを話していました。
貴子から自分が邪魔ではないかという話を青井は遮るのでした。
貴子の見舞いに来ていた澤口(児玉清)に青井は検査のことを話さない理由を聞かれていましたが答えをはぐらします。
審査の結果を青木に伝えるのが怖かったのです。
青木は東京に向かう中、青井は柴田(りょう)と共に伍郎の結婚パーティーに向かっていました。

 10話 『 約束の海 』のあらすじ

あらすじ
青木(織田裕二)と青井(矢田亜希子)の間には秘密の壁以上の壁が出来ていました。
それは青井の発祥した病院が再発したことでした。
明るく振る舞い元気を見せていた青井ですが、入院を必要としていたのです。
そんな思いを隠していた姿に青木も苦しみを覚えます。
青木も青井が入院した後も青井同様、克服に向けて接していのでした。
青木が所属するハートスポーツがスキーを撤退する意向をなんとか食い止めようと必死になっていました。
そんな中、高瀬(MEGUMI)は会社を辞めることを決断し、葉山(森山未来)は引き止めるために動き出します。
会社ではクリスマスに向けた企画を盛り上げようと柴田(りょう)が担当していたラジオで公開することになるのです。
そのラジオには伍郎(伊原剛志)や直哉(玉木宏)に加えて律子(片瀬那奈)も参加することになり当日を迎えます。
その頃、柴田のラジオを入院しながら青井は聞いていました。
しかし、青井と同じ病気の人が突然亡くなったことから愕然としながらショックを受けるのでした。
その光景から青井は自分も先が短いと悟り、地元に帰りたいと強く感じる様になります。
いつかは来ないと青木も青井の表情や言動から身近に思うようになり、青井のやりたいようにさせてあげたいと思うのでした。

 11話 『 幸せのオーロラ 』のあらすじ

あらすじ
青井(矢田亜希子)は再手術をシアトルで受けるまで回復するのですが、病室を抜け出す程怖くなってしまいます。
青木(織田裕二)は青井が部屋に来たことで担当医に連絡するも青井はここにいたいと意地を張ります。
それはクリスマスを2人で迎えたいと思っていたからです。
治らなくてもいいと言い張る青井を青木はなんとか病室に戻そうと必死になります。
青井自身、成功率が少ない手術に比重を置くよりも少ない時間を青木との時間に当てたいという想いが募っていたのです。
自暴自棄になり青井は自分の部屋に戻り、留守電が残ってあることに気付きます。
ふと聞いてみると、青木からの青井に対する愛情の内容だったのです。
その言葉を聞いた青井は思わず青井の元に駆けつけると、そこには青井と食べようと用意したケーキと青木が待っていたのでした。
後日、担当医から青木は青井からイブに開ける様にと預かっていたものを受け取ります。
イブの日こそ、青井の手術の日でした。
イブの日、青木は仕事で青井の元に行けない状態だったのですが、伍郎(伊原剛志)は青木の代わりに仕事を受け持つと言い出し、青木をシアトルに送り出したのです。
青井が手術を受ける中、青木はイエローナイフで青井から受け取った包みを開けるのでした。

『ラストクリスマス』の感想

30代 女性 の感想
《おススメ度:5 out of 5 stars 》

子どもの頃に初めて見てから定期的に見たくなり何度も見ているほど好きなドラマで、結末を知っていても感情移入して見ることができて、何度見ても色褪せることなく楽しめる作品です。織田裕二さん演じる健次の誠実な感じが素敵ですし、矢田亜希子さん演じる由季の元レディースで会社では清楚な女性として過ごしているというのも面白く、2人のコミカルな会話のやり取りは見ていて微笑ましいです。出会った時の印象はお互いに悪く、隣に引っ越してきたことでどんどん距離が縮まり内面を知っていくうちに惹かれ合っていくという王道のラブストーリーながらも、一筋縄ではいかない展開がいくつもあり最後の最後まで切なくなったりハラハラドキドキしながら楽しむことができます。

30代 女性 の感想
《おススメ度:5 out of 5 stars 》

毎回ドキドキワクワクし、時々切ないドラマです。壁の薄いそれぞれの部屋でのやりとりがとても可愛らしく、見ていてヤキモキするやりとりがとても好きでした。矢田亜希子さん演じる由季はとても表情豊かで、喜怒哀楽をストレートに表現していて可愛らしいキャラクターです。毎回由季の表情、発言を楽しみに観ていました。また、織田裕二さんが歌っているラストクリスマスがちょうどよいタイミングで流れてきて、とても印象に残っています。今でもクリスマスの時期になると、素敵な雪のシーンと共に曲が頭に浮かびます。冬の特にクリスマスの時期に、ドキドキキュンキュン癒されたい時に観たくなる、これからもずっと愛されていくラブストーリーだと思います。

20代 男性 の感想
《おすすめ度:4 out of 5 stars 》

主演が織田裕二さんなのですが、仕事ができてカッコ良いのに何故か独身という設定はすごく当時の織田さんに合っていてそこが良いです。また、恋愛運がなかなかない感じが少しそこが可愛らしいなと感じるのでそこも見て欲しいです。また、その相手役が矢田さんなのですが、普段は清楚なのですが、元ヤンキーという設定も面白いです。普段は出ないのですが、たまにその片鱗のようなものを感じるところがあるのでそこも面白いです。また、玉木さんも出演されているのですが、すごくモテる役でかっこよくて笑顔が素敵なので玉木さんも見て欲しいです。すごく女性にだらしなくて一途なのか一途でないのか分からなくなるところが多々あるところも可愛らしいです。

 

FODのおすすめ配信情報

織田裕二さん出演作品

 

  • ドラマ『SUITS/スーツ』
  • ドラマ『東京ラブストーリー』
  • ドラマ『Oh,My Dad!!』

矢田亜希子さん出演作品

 

  • ドラマ『トップキャスター』
  • ドラマ『私を旅館に連れてって』
  • ドラマ『花嫁のれん』
  • 映画『不能犯』

2週間無料トライアル中!

今日登録すると
10月06日まで無料視聴可能

 

この記事の情報は、2021年5月現在のものです。
最新情報はFOD公式サイトをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました